愛猫【あいびょう】、ウゲゲ天野【あまの】と過ごした十年間の物語 (6)

次話: 愛猫【あいびょう】、ウゲゲ天野【あまの】と過ごした十年間の物語 (7)

第五章「ボクの名前は『ウゲゲ天野』」の本、出版へ


 ウゲゲが我が家の子になって、大人ばかりの我が家は活気づき、ウゲゲ中心に毎日が過ぎていくようになった。
 そんな日々の中で、私にはある目標があった。
 それは、(山梨日日新聞に掲載された「ボクの名前は『ウゲゲ天野』」の物語を、冊子【さっし】にしてたくさんの人に読んでもらいたい)というものだった。
(素敵【すてき】な挿絵を描いてくれる人がいたらいいなあ)と思っていた時だ。偶然にも、毎週購読していた地域紙「西の風」新聞で、あきる野市在住の「もりたちえ」先生の新刊の絵本を紹介していた。
(この先生に挿絵を描いてもらえたら、どんなにいいだろう……)
 そう思った私は、さっそく連絡をとらせてもらった。
 童話が掲載された新聞と、天野滋さんとウゲゲの写真を持ち、喫茶店でもりた先生にお会いした。
 私が作品を書いた経緯【けいい】を説明した後、童話を読んだもりた先生は、
「わかりました。宮下さんの優しい気持ちが込もった素晴らしい作品ですね。いい冊子ができるように頑張ります」
と言ってくださった。
 ちょうど、ウゲゲが我が家の子になった頃のことだ。
 もりた先生は、ご自分の仕事がある忙しい生活の中で、挿絵を描いてくださった。
 もりた先生の挿絵は、天野滋さんの温かい笑顔とウゲゲの可愛らしさが、繊細【せんさい】なタッチで描かれ、その優しい色使いに感動した。
 A四サイズの両面に描かれた物語は、全部で十枚。
 コピーをして、ホチキスで止め、製本することにした。
(天野さんとウゲゲのことを、多くの人に知ってもらうきっかけになったらいいな)
 私の想いを、NSP【エヌエスピー】ファンの方々、友人、知人……多くの人が後押ししてくれた。
 当時、福生駅の近くで、私の友人がケーキ屋さんを開いていた。
 大変美味しいケーキが並び、店主の女性の人柄もあり人気のある店だった。
 その店主が、知り合いのコピー屋さんに頼んで、もりた先生が仕上げてくれた「ボクの名前は『ウゲゲ天野』」を数百部、無料でコピーしてくれたのだ。
「こんなに心温まる作品は、みんなに読んでもらわないとね!」
 と、完成した冊子をケーキ屋さんの店内にも置いてくれた。
 もう一軒、やはり福生駅の近くにある喫茶店の女性オーナーが、
「応援するわよ、さつきちゃんのためなら」
 と冊子【さっし】を店に置いてくれたのだ。
 以前から、私の尊敬する方【かた】で、私のことをとても可愛がってくれ、作品にも共感し、ほめてくださった。
 この冊子は、多くの皆さんに読んでもらいたいので、無料で配布することにした。

 私はアサヒタウンズに、絵本冊子の完成と、きっかけとなった、天野さんとウゲゲのことをエッセイにして投稿し、掲載された。
 二〇〇八年、五月のことだった。
 すると、インターネットのミクシイでも冊子のことを紹介してくださる方もいて、NSPファンの方々を中心に、どんどん広がりを見せていった。
 冊子を、さっそく読んでくださった、天野滋さんのファンの方から、たくさんのお手紙が届いた。
「この冊子は宝物なので、天野君の書いた本の隣りに置いておきます」
「僕は、久しぶりに絵本を読みました。大変感動しました。大切にしますね」
「まるで、天野君が、天国から歌ってくれているような気がしました。」等………。
 また、猫ちゃんが大好きな方からも反響があり、
「ウゲゲくんは、幸せな猫ちゃんですね。どうぞ大切にしてあげてください」
と電話や手紙をいただいた。
 ワクワクした毎日を送りながら、二〇〇八年が過ぎていった。
 二〇〇九年を迎えた頃、冊子を読んだNSPファンの方から、
「ぜひ、出版社から絵本にして出してください」
 というお手紙を何通もいただくようになった。
 ありがたいお手紙だった。
 しかし、自費出版となると、高額な費用がかかる。
 私は、すぐに決断することはできず、ずいぶん長い間悩んだ。
 でも、本の出版は、昔からの私の大きな夢。
 夫も、協力してくれるという。
 私は思い切って、出版社に冊子を送ってみることにした。
 後日、出版社から、
「良い作品なので、ぜひ、本にしましょう」
と電話で連絡があった
 角川学芸出版という大きな出版社であったが、嬉しい返事をもらえ、自費出版を決意した。
 書籍化にあたり、もりた先生にお願いして、新しく挿絵を追加した。
 また、家族全員がファンであり、よく球場にも応援に行った上田利治さん(元、阪急、日本ハム監督、二〇〇三年野球殿堂入り)にも、巻末にメッセージを頂いた。
 (上田さんとは、お手紙を通して親交があった)
 こうして、ハードカバーで、ピンクの表紙が可愛い、「ボクの名前は『ウゲゲ天野』」が刊行された。
 二〇一〇年、三月のことだ。
 天野さんと出会い、畑道でウゲゲと出会い、たくさんの方の応援があって、
「お話を書く人になりたい」
 という、幼い頃からの私の夢が実現した。

 絵本は数社の新聞社に紹介してもらった。
 読売新聞(多摩版)、岩手日日新聞、岩手日報、河北新報、山梨日日新聞、西の風新聞、アサヒタウンズ。
 NSPの出身地の岩手県や、宮城県などの東北の新聞社が紹介してくれたことは、大変感激し、ありがたかった。
 また、その年の五月には「ラジオ日本」の「フォーク魂【だましい】」という番組に、ゲストで招待された。
 この時は、普段でもあがり症の私は、本当に緊張した。
 しかし、MC【エムシー】(進行役)の女性の方が、上手に私に話を振り、盛り上げてくださったので、どうにか無事に終わることができた。
 NSPの皆さんも、この番組に出演なさったことがあるらしい。
 私は、NSPや、NSPファンの方々を始め、お世話になった多くの方へ、感謝の気持ちを伝えた。
 ラジオ局の方【かた】が、後日、この番組を収録したテープを送ってくださった。
 何回も繰り返し聴いたが、どうにか、私の想いは届いたのではないかと思っている。
 ラジオ番組の出演なんて、到底【とうてい】、考えられない出来事だった。
 人生、何があるかわからないものだなあ……と、つくづく思ったものだ。
 ラジオ出演の翌日には、天野さんを追悼する「NSPのフィルムコンサート」に、出版社の担当者の方と一緒に招待されるという、嬉しい事もあった。
 生前の天野さんの笑顔がまぶしく感じられ、改めて、NSPの楽曲の素晴らしさに感動した日である。
 しばらくたち、NSPのメンバーの平賀さんと中村さんから、出版社を通して、ファックスも頂いた
 それには、
「宮下さんのパワーはすごいですね! 僕も頑張ります」と、書いてあった。
 これは、夢なのではないだろうか……と、思えるような出来事の連続の日々。
 ウゲゲが十歳の時のことだ。






続きのストーリーはこちら!

愛猫【あいびょう】、ウゲゲ天野【あまの】と過ごした十年間の物語 (7)

著者の宮下さつき サポーターさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。