中二病を患った中卒の男が、大卒の収入を圧倒的に突き放した○○な話

次話: 登校拒否児、全国へ羽ばたく

拝啓、12歳の僕。

32歳になった僕には、最愛の妻がいます。びっくりだよね。まさか、この僕が結婚するなんて。 

もうすぐ子供が生まれるんだ。パパになるんだってよ。楽しみだね。

それで……大変申し上げにくいんだけど、君がいつも夢見てた、「武道館のステージで歌を唄う」は、まだ叶えてあげられていないんだ。 

でも、プロのボイストレーナーになってね。ボイストレーナーとしてなら、武道館のステージに立ったんだよ。 

これもびっくりだろ?

君、歌下手くそだもんね。

でもね、今の僕は上手だ。

だから、少しだけ許しておくれ。 

それで今は、ボイストレーナーとインターネットビジネスをやりながら、自由に楽しく暮らしているよ。

会社勤めじゃないから、いつだって妻と一緒にいれる。子供の運動会だって、ちゃんと応援しに行って、親が走る枠では全力疾走するつもりだ。

素敵な仲間も沢山いるよ。

バンドはちゃんと続けているから安心してください。ただ、年に2回位しかライブをやれていないけどね。 

ところで、君は今、学校の皆からシカトされてるでしょ?嫌だよね、いじめって。

バスケ部の試合に行く交通費がなくて、恥ずかしくて仮病で休んだ日があっただろ?それが原因なんだよ。


家、めちゃくちゃ貧乏だったから。

きつかったよな……今、きついよな?

今でも鮮明に覚えてるよ。誰も僕に気付かなくて、僕はまるで幽霊みたいに。

誰かに気付いて欲しくて、皆に近づくんだけど、誰も僕の事見えてなくて。 

たまに目が合った気がするんだけど、慌てて目をそらされてさ。 

不思議な事に、担任の先生だけは僕が見えたのかな。 

僕の名前呼んでくれたけど、声が出せなくて、返事しないもんだから、先生怒ってたな。



……机がベランダに捨てられてた日もあったね。 



頭が真っ白になってさ。視界が狭くなってきて、苦しくて、きついんだよな……。


でも、君は、頑張って乗り越える事が出来るから、そんなに暗い顔をしなくても大丈夫だよ。

これから、君が今日までどうやって生きてきたのかを、少しだけ詳しく話すから、時間のある時にでも最後まで読み進めて欲しい。

大丈夫。君が最後まで読めるように、出来る限り楽しい文章で綴っていくから。

それじゃあ、はじめよう。


続きのストーリーはこちら!

登校拒否児、全国へ羽ばたく

著者の亮 中平さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。