好きなことをして、生きる。決断してみました。幼少期編

次話: 好きなことをして、生きる。決断してみました。青年期編
母親に感謝している。

もともと突拍子もないところが似ているんだけど
加えて昔から
色んなところに行って、色んなことをさせてもらったおかげで
抜群の好奇心を手に入れた。

そしてもう一つ
選ぶ力を授けてもらった。

ボーイスカウトでえらい長い距離を夜に歩いたり
公文に通いたいと言ってみたり
塾に通いたいと言ってみたり
水泳を習ってみたり
弁護士事務所に行って職業体験のようなものに出たり
科学技術館にはまって通ってみたり。。。

小学校低学年くらいまでに
色んなものに目を向けて、楽しむことができるようになったのは
忙しくても週末に連れ出してくれた
お母さんのおかげだ。

色んなことをする
それ自体もすごく意味があるんだけど、
色んなことをしようとすると
当然諦めなくちゃいけないことも出てくる。

子供って、諦めるの嫌いでしょう?
両方やりたい、両方食べたい、ってなるでしょう?

でも
両方はできないんだから、選びなさいって
そんな言い方じゃなかったとは思うんだけど、
とにかく選ぶ機会が多い幼少期だったなって思う。

おかげさまで、
決断力がつきました。
それだけでなく
割と思い切った決断ができるように、なったんだと思います。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

好きなことをして、生きる。決断してみました。青年期編

著者の山中 雄城さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。