愛猫【あいびょう】、ウゲゲ天野【あまの】と過ごした十年間の物語 (11)

前話: 愛猫【あいびょう】、ウゲゲ天野【あまの】と過ごした十年間の物語 (10)

おわりに(ウゲちゃんへ)

 ウゲちゃん、
 天国で、元気に暮らしていますか。
 そちらでは、きみとの縁を結んでくれた
 NSP【エヌエスピー】の天野くんには
 もう会えましたか。
 きっと、可愛がってもらっていますね。
 天野くんのギターで一緒に
 歌っているのかな。

 ウゲちゃん、
 きみは、自分の生き方をつらぬき
 自分の心に、素直に生き
 見事でしたね。
 この家を選んで、
 家族を愛してくれたね。
 優しいきみ、
 感謝の気持ちでいっぱいです。
 きみは、家族に
 たくさんの笑顔と幸せをくれました
 だから、
 いつまでも、母ちゃんが泣いていたら
 きみが悲しむから、
 元気を出しますね

 ウゲちゃん、
 母ちゃんの大きな夢を
 叶えてくれてありがとう
 ウゲちゃんに報告したいことがあります。
 母ちゃんは
 三冊目の本を書きました。
 主人公はね、
 ウゲちゃん、きみです。
 きみは、母ちゃんの
 スーパーヒーローです。
 本を読んだら、
 あのフワフワした体で、
 愛敬のある顔で、
 まっすぐな、きれいな瞳を向けて
 「母ちゃん、頑張ったね」
 と、ほめてくれますか?

 ウゲちゃん、
 ずっと、ずっと、大好きだよ
 ずっと、ずっと、忘れないよ

 母ちゃんは、これからも
 きみと共に歌ったNSP【エヌエスピー】の曲を
 毎日、くちずさんで生きていきます

 きみの好きな ツツジの木が
 今年も一輪だけ、ピンクの花を
 咲かせました
 天国からも 見えますか?

          (二〇十七年)


著者の宮下さつき サポーターさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。