第1章〜「お前には無理だよ」を無視し続けてきた22年。〜

1 / 2 ページ

次話: 第2章〜天狗になってどん底へ〜

  

 


 

変わりたいけど変われない。

 

そんな自分が大嫌いだった。

 

 

 

 

小学5年生の夏

いじめられていたKさんの助けを

黙殺することしかできなかった自分。

 

中学2年生の冬

ずっと憧れていた合唱の指揮者に

名乗り出ることができなかった自分。

 

 

ただただ笑われるのが怖かった。

 

 

「お前なんであんなやつ庇うんだよ(笑)」

「お前が指揮者かよ(笑)」


 

その呪縛から

どうしても逃れることができなかった。

 

 

そんな僕を一瞬にして変えてくれた

とある出来事とその後の人生のお話。

 

 

 

 

 2009年、冬。

 

中学三年生になった僕は

一応、受験ということで塾に通い始めた。

 

 反抗期真っ盛りだったので

それまでの中学校生活で自学をしたのなんて

多分リアルに5時間くらい。笑

 

テストの点数も全部20点以下。

偏差値35くらいだった。

 

びーどーし???(*゚∀゚*)(*゚∀゚*)(*゚∀゚*)へ?」

(実録です笑)

 

のくせに一丁前に行きたい高校だけ決まっていて。

 

「おれ、高校ではバンドやりたい。

 だからバンドすごいとこ行きたい。」

(筋金入りの生意気っぷりですね。笑)


 

そこが偏差値53くらいの学校。

 

当然言われました。

 

 

「お前には無理だよ(笑)」 

 

 

 

まさかこの塾長の心無い一言が

僕の人生を180℃変えることになるとは

この時は夢にも思わんかった。(そりゃそうだ)

 

 

 

 

塾長は僕の深海に眠っていた巨大な潜水艦に

100万ボルトの電流を流し込んでくれた。

 

 

 

「分かりました。僕はその学校を目指すので今日でここ辞めます。

 今までありがとうございました。」

 

気づいたらそう言い放って塾を飛び出していた。

 

心の中はこんな感じで(笑)

(▼皿▼#)(▼皿▼#)(▼皿▼#)(▼皿▼#)(▼皿▼#)

(すれた中3でした、、、塾長ごめんなさい、、、)

 

 

そして学校の秀才たちが通っているお塾に入れてもらい

(母ちゃんごめんねありがとう)

 

 

その校長先生に頭を下げて

偏差値35のくせに偏差値50以上のクラスに入れてもらって

貪るようにとにかく勉強した。

 

1日16時間勉強した。(大学受験より勉強した)

 


 

"初めは、誰しもが僕を笑った。"

 

 

 

学校の先生、塾の先生、友達たち。

唯一初めから僕を信じてくれたのは

母ちゃんとその塾の恩師だけだった。(本当に感謝が尽きません)

 

 

笑われて、初めは本当に悔しかった。

 

 

悔しかったけど、途中から不思議と嫌ではなくなった。

 

今なら理由が分かる。

 

僕は本当に「行ける」と信じていた。

著者のコアラ選手@S.O(凛)さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。