大学名に抱いたコンプレックスが未だに消えない話 第二話

1 / 6 ページ

前編: 大学名に抱いたコンプレックスが未だに消えない話
後編: 大学名に抱いたコンプレックスが未だに消えない話 第三話
▼前回のあらすじ▼

大学受験に失敗した自分は、勉強以外の何かを執拗に求め

大学のサークルのあるプロジェクトで必死にがんばる

しかし、理想の自分と現実の自分のあまりにも大きいギャップに気づき
自分に失望する


そして、1年生の冬に一人旅へ出る。


あても無い旅


12月30日の夜。

1人で夜行バスに乗り、知り合いも誰もいない関西の地に向かう

1人旅などしたことがなかったので、とりあえず着替えとお金とカメラだけ用意した

泊まるのは漫喫とかでいいだろうと思い

特に後先考えず旅に出た




まあ、実際は1人旅という程のものではなく

現地についてぷらぷら歩き

「京都だから、お寺を見に行こう」

くらいのものであても無く歩き回り

写真を撮り

おいしいものを食べ

のんびりしていた


みんなの読んで良かった!