キューバなんて行かなきゃ良かった。

1 / 4 ページ


キューバに行ったら人生変わるよ。それに今のキューバを見れるのは今だけ。」

 あるイベントで、最近話題のリーマントラベラー東松さんがキューバについて語っていた。
その時点で僕がキューバについて知っていることは、スポーツが強くて、葉巻とヒゲの人が有名ってことぐらい。
あとは何も知らない。世界のどの辺に位置するか、公用語すらも知らなかった。

 キューバ人は陽気で親切。チップも要求してこない。道に迷っていれば助けてくれる。

…楽園かよ。リーマントラベラーの話を聞いているうちに僕はキューバに惹かれていった。
そして、一生のうちに必ず一回はキューバに行くことを決意した。

イベント後の懇親会でリーマントラベラーにご挨拶。キューバに関心を持ったことを話すと、
「すぐにでも行こう」の返事。

・・・え?2週間後には入社式が控えているし、3日後には勤務地への引っ越しもある。
それに、卒業旅行でハワイとヨーロッパ周遊旅行をしたからお金もない。

Skyscannerで航空券を調べ始めるリーマントラベラー。
「明後日出発すれば10万以下で往復券が買えるよ!」
…いやいや、3日後には引越しがあるから無理って話はさっきしたでしょう…。

「引越しはご両親に任せて早くチケット取ろう!」
 …な、なんて無責任な。でも、聞くだけ聞いてみよう。

LINE
僕「キューバ行くことにした!」
母「?(タイニーチャムの可愛いスタンプ)」
僕「明後日出発して、31日に帰ってくる!」
母「?(タイニーチャムの可愛いスタンプ)」
…やばい。完全に怒ってる。
僕「ごめん、一生行けるか分からないから行かせて!」
母「は?引越しはどうすんの?自分で何とかして」

 まあこうなるよね。
「すいません。すぐには行けそうにないです」
「でも、いつか必ず行きますから!」
そして懇親会が終わった。

帰宅後

僕「ただいま」
母「こうなると思った。あんた人の影響受けやすいから。」
僕「さすがに自分勝手だったね。ごめん…。でも、どうしても行きたいだよなあ。」
母「そもそも旅行にいけるほどのお金が無いでしょうに。」
僕「お金は無いけど、時間はある。行くなら社会人になる前の今しかないんだよね。」
母「はあ…。」

その後僕はありとあらゆるサイトで情報取集し、社会人になる前にキューバに行く方法を探し、そして見つけた。

それは3/27に出発し、入社式当日4/3の朝7:00に成田に帰ってくるという超ハイリスクな日程だった。
入社式は13時から。
…よし、行ける。なぜか不安は一切なかった。謎の自信に満ち溢れていた。
あとは親を説得するだけ。

なぜキューバに行きたいのか。なぜ今じゃないとダメなのか。キューバで見たいもの。触れたいもの。経験したいこと。行き方や治安。宿泊先。スケジュール。これらを事細かに伝えた。

「命の危険を感じたら逃げること。抵抗しないこと。」
「あとお金、いくらあれば足りるの?ちゃんと返してよね。」

説得成功。
ありがとう。本当にありがとう。
文字通りキューバへの切符を手にした。


浅すぎる計画

 キューバはネット環境が悪く、連絡を取ることはなかなか難しい。
念のため行動予定を紙に書き、親に渡した。
 
 3/27 22:30ハバナ着→Isabel(民泊)に宿泊。
 3/28 ハバナ市街観光→Isabel(民泊)に宿泊。
 3/29 バスでバラデロに移動→バラデロで1泊。
 3/30 ハバナ市街観光
 4/1  ハバナ発
 4/3 AM6:45 成田着 PM1:00 入社式

こんな感じのメモを渡した。
この計画表に重大なミスがあることに、僕も母親も気づかなかった。


キューバで見たいもの、経験したいことは
①街を走るカラフルなクラシックカーを見る、乗る
②チェゲバラの巨大な壁画を背景に自撮り
③人生初の喫煙で葉巻を吸う
④おしゃれなバーでモヒートを飲む
⑤バラデロのビーチでのんびり過ごす
⑥現地の人と仲良くなる

こんなところ。何時にどこに行って何を見るとか、細かいことは一切決めずに行動することにした。

保険として、出発直前に成田空港で「地球の歩き方」を買った。

出発

 3/27
僕はメキシコ経由でキューバに向けて飛び立った。
準備の段階では楽観的だった。しかし、離陸と同時にマイナスな事ばかりが頭に浮かぶ。

無事に帰ってくることができるのか?
現地でコミュニケーションが取れるのか?
メキシコシティで8時間の待機を乗り切れるのか?
そんな不安が襲ってきた。
キューバの公用語はスペイン語。英語を話せるのは一部の人だけ…。
そもそも人とコミュニケーションを取ることが得意だったっけ?


「まじで行くの?大丈夫?笑」
一人でキューバに行くと言った時、うるさいくらい周りから心配された理由が
今になってわかる。

しかし後には引き返せない。
それに、今までの人生でこれほどドキドキしたことがあったかな?

戦いの幕開け

現地時間の22:30、トラブルなくハバナに到着。
生暖かい空気とタクシードライバーと思われる大勢の人に圧倒される。

…ほんとに来ちゃったよ俺。

とか思う間もなくドライバー達に話しかけられる。
「どこに行くんだ?乗せてくぞ」
たぶんこんな事を言っているんだろう。

著者のDaichi Mitsuhashiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。