奪った「宝物」失った「心」

1 / 9 ページ

前話: わからない感覚

長男


次は長男のお話。


僕が知る限りの事、聞いた限りの事になるんですけどね。



僕の家は三人兄弟、全員男。

末っ子に甘えん坊で泣虫でお母さん大好きな僕ですね。







今回は長男のお話。




長男と僕はそんなに仲が良い訳じゃなかったかな。


記憶を辿っても…………、嫌いだったと思う。



だって今でも多少のぎこちなさはあるもんな。



まぁ今の長男はまた昔とは違うんですけどね。





っとゆうのも、兄はとある事をきっかけに統合失調症になってしまったから。。。







嫌いだったので兄とそんなに話す事もなく、仲良くもなく、そんなに知ってるとは言えません。


そんな末っ子の僕が語れる事は少ないかもしれませんが、あくまでも僕からの目線で知りえた事をお話します。





兄は中学校時代野球部できっと上手ではなかったんでしょう。
(上手だったらこの年頃ってそれだけでヒーローになれるから)

友達も少なくコミュニケーションが下手。



中学三年になり部活動が終われば多少ぐれてきたのかタバコを吸ってたとか。




この当時はまったく知らなかったんですがイジメにもあってたみたいですね。




どんないじめ方をされたのかとかはまったく知らないんですけど…。





そして多少グレながらも高校へ進学。


かなりのバカな高校で誰でも行けるぐらいのレベルの私立の高校です。



高校時代は野球は辞め、バイトをしてたなって記憶がありますね。


ラーメン屋でのバイト。


ここは次男の同級生の親が経営しているお店でいわゆるコネってやつでね。


こんなに小さな界隈でのコネですね。



そこで働いてる兄を見てた時は”普通”に仕事してるんだな~って印象。



別に兄がいじめられてるとかグレてるとかそんな印象は当時はまったくなかったと思います。




でも後々聞けばって事ですね。




まぁ嫌いだったから極力関わろうとしてなかった自分もいるでしょうしね。




著者のKiyohito Ootsuboさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。