年収1億円の実業家から学んだ“仕事のイロハ”

1 / 2 ページ

これは私が大学時代のときの話です。

私が大学時代のとき、

父が造園業者として家業で事業をしていたので、

その事業を将来ゆくゆくは大きくしたいと思って経営を学び始めました。


大学といっても、4年制の建築の専門学校に行っていました。


その専門学校の間に建築の資格を取りながら、

別にいろいろなビジネスのやり方や会社の

運用をするための方法を学んでいました。


卒業してすぐ経営者になろうかなと思っていました。


それで、自分で事業を立ち上げて独立してやるぞと意気込んで、

それまでに自分がやりたいビジネスをいろいろしてきたわけです。


例えば、インターネットを使って広告をしてみたり、

ちょうど京都に住んでいたので、

建築家としてAir B&Bという民泊の

インテリアデザインを手伝ったりしていました。


自分自身でやりたい仕事をやっていました。


大学4年生になってみんなが就職していくときに、

僕は独立するか就職するか二つの選択肢がありました。


独立するというのもあったのですが、


1回社会人を経験してみようと思いました。

それを自分自身が決断したのです。


私は香川県の出身です。その大学は京都だったのですが、

卒業後、京都から一応両親との約束で香川に帰ってきました。


両親と一つ約束をしていたからです。京都の大学に行くんだったら、

卒業したら必ず1年、2年は帰ってきなさいというのが条件だったのです。


自分自身も東京や大阪などで自分で

事業を立ち上げることも可能だったのですが、

そのようなことを両親と話をして、

しっかり帰ってしなさいということになったのです。


自分の中でやはり葛藤はありました。

自分でできるという自信もありましたが、


やはり帰って親の約束を守るというところを優先したわけです。


建築の専門学校に入っていたので、

帰ってきて建設業に勤めるようになりました。


自分自身で、もし将来的に経営をするんだったら、

リーダー力や自分の現場の統括など、


チームで何百人などの大きいプロジェクトを

動かすような仕事をしたいと思って、


地元の中小企業の建設業者に入ったのです。

要は、現場監督として入ったわけです。


そして、仕事が始まるわけです。


今までは、大学のときは普通だったらバイトなどをして、

お給料をもらって稼ぐかもしれないのですが、


僕は元々自分で稼ぐというのが好きだったので、

大学のときは自分で稼いでいたわけです。


初めてのお給料をもらうことになるわけです。


お給料をもらうということは、毎月決まっているわけです。

自分がいっぱいやってもやらなくてもお金が決まっている。


社会人になったら組織に入るわけですから、

上司がいて上司から仕事を与えられて、その仕事をひたすらします。


自分がしたかった監督業務は、確かに監督業務でしたが、

初めは分かりませんよね。

だから、基本的には教えてもらうということになります。


毎日それを積み重ねていく中で、ある不満が出てきたわけです。


自分自身でやりたいことができないじゃないかとか、

何でこんなことをしなければならないんだろうとか。


それから、建設業界は休みが本当にない。

休みがなくて、月から土曜日まで仕事があって、


基本的に日曜日しか仕事がないという状況。

祝日も基本的には出るというような形だったので、


月に4回しか休みがないんです。僕の大学を卒業した回りの人たちは、

大きい会社に入って、土日と祝日が休みで、

年間120日ぐらい休みがあるような会社へ行くわけですが、


僕は反対に、40日や50日ぐらいしかなかったんです。

かなり不満が出たわけです。1年間は不満だらけです。


あー、面倒くさいとか、何で言われなければならないのとか

(思っていました)。


お給料は決まっているし、

自分で自由に決断できないので、

何なんだと思っていたわけです。


そのような仕事をするというのが

こんな気持ちというのも分かったし、


愚痴をこぼすという気持ちもよく分かりました。

みんなこんなことを考えながらやっているんだと。


そんなある日、一つの出会いがありました。

その出会いというのが、あだ名で皆さんが

「コイケンさん」と呼んでいるんですが、


インターネットである検索をしていたんです。


自分が年収3億円や、そのような規模になるんだったら、

どういう人たちが世の中にいるんだろうと思って、

インターネットで「年収3億円」と検索したんです。


著者の藤井 悠平さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。