3、明けない夜も止まない雨も大嫌い! 〜摂食障害・自殺未遂・風俗・中絶等・・波乱万丈な人生を経て、伝えたいたった一つのこと〜

前話: 2、私を苦しめた孤独と絶望 〜摂食障害・自殺未遂・風俗・中絶等・・波乱万丈な人生を経て、君に伝えたいたった一つのこと〜




私が伝えるべきこと


「明けない夜はない」とか「止まない雨はない」という言葉が嫌いだ。


どちらも、自然の摂理だからだ。




自然は息を呑むのどの美しさを私たちに与えてくれるが、

時にとても厳しい。




一方で、私たちは、

自然の一部である「人」であると同時に


自由意志を与えらえた人と人の間に生きる「人間」である。



そんな


私たち人間の持つ愛の力や可能性とは、



今この瞬間、



誰かが夜が明けない絶望の淵にいるならば、

一緒に星を見上げようと言える優しさ 




今この瞬間、



誰かが雨が止まない悲しみの底にいるならば

そっと傘を差し出せる優しさ 



を持っていることではないかと思う。





だから私は、こう言いたい。

明けない夜が来たならば、



「 そばにいるよ 」

「 一緒に未来を切り開いていこう 」


と。



止まない雨が降っているならば、

そっと傘をさし出して、



「 迎えに来たよ 」

「 一緒に暖かいところに行こう 」



と。





私たちは、夜が明けることや雨が止むことを待つことなく、


今この瞬間も



 自らの力で、悲劇にピリオドを打ち、喜びに変えることができる愛の力 



を持っているのだ。






そう信じられるようになったのは、

私に与えられた困難という名のギフトのおかげだ。


とてもじゃないが、最初からそんなセリフが言えるような人間ではなかった。



まずは、私に訪れた最初の挫折について

話したいと思う。

著者の鈴木 智香子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。