22歳で脳腫瘍

次話: 2

落ち着いて聞いてください。あなたは脳腫瘍です。


それは22歳のとき、内定の決まっていた大学四年生の冬に突然医師に言われた。

ーーーーー

年の始めあたりから、耳が聞こえが悪く不思議に思い、耳鼻科に行ったが問題はなく、就活のストレスと診断をされた。

その年の秋に、頭痛がして近くの頭痛外来で見てもらったことがきっかけだった。

「MRIをみたら、問題があったので、緊急で大きな病院に行ってください。今タクシーを呼びます。」

医師は何か慌てていたが、私は元気だった。

ここで私のことを少し話すが、大学時代、配達のアルバイトをしていたくらい元気で、たまに趣味のギターで曲を作り、ライブハウスで演奏をしていた活発系女子だった。
その時もライブの予定を何件かたてていた。
内定は、某製薬会社のMRであった。








続きのストーリーはこちら!

2

著者のKiona Kimuraさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。