2

前話: 22歳で脳腫瘍
次話: 3つめの病院 私の脳腫瘍を知った母


紹介された2つ目の病院へ行った。

医師は身体のチェックをした。

「今片足で立っていたりできますかね?」

難なくやってみせた。

「うーん。おかしいなあ、、」

医師はいろいろ考えているようだった。
そして別の医師と変わり、自己紹介をした後

「木村さん。落ち着いて聞いてください。

…あなたは脳腫瘍です。


しかし、その腫瘍が脳の真ん中にあることや、腫瘍がとても大きくて、うちでは手術ができないのです。

おうちの誰かには連絡はしていますか?」

医師は唐突に私に言った。

「いや言ってなくてその、あの携帯がここに、」

と話すと、同時に私の目には涙が溢れでた。

信じられなかった。
こんなに元気な私が。


何も考えられてなくて、パニックそのものだった。


内定先になんて言おう。
親になんて伝えよう。

私はひとりで涙が止まらなかった。

私の腫瘍は5センチで、髄膜腫と診断された。



続きのストーリーはこちら!

3つめの病院 私の脳腫瘍を知った母

著者のKiona Kimuraさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。