一本の映画を撮るように、人生をプロデュースする話。(第1章:上京と音楽 編)

1 / 5 ページ

後編: 一本の映画を撮るように、人生をプロデュースする話。(第2章:ヤツと剣道 編)



目次


プロローグ

第1章:上京と音楽 編(1〜12)

第2章:ヤツと剣道 編(13〜27)

第3章:答えは東京に 編(28〜34)

第4章:歴史と勘右衛門 編(35〜44)

第5章:就職と抑鬱状態 編(45〜57)

第6章:ブレストと教育 編(58〜68)




プロローグ

勉強はスポーツだ!
仕事はスポーツだ!

恋愛も子育ても人生も、
スポーツ感覚で本気で楽しもう!

ネガティブなことに囚われてる時間なんて勿体無い。
悩むようだったら、オレと”ブレスト”しようぜ!

一本の映画を撮るように人生をプロデュースするために。



第1章 上京と音楽 編 (1〜12)


剣道地区大会優勝、
定期テストでは学年1位。

中学までは全てが順調だった。

しかし、高校ではドロップアウト。

いわゆる落ちこぼれだ。


数学はケツから2番目、
英語は何を習ったのか全く記憶にない。


髪を染め、ピアスをあけ、ヒゲをはやし、
大人を上手くかわすスキルだけは身につけていった。


でも、
どうしてもこの生活を変えたかった。


「東京」に行けば、何かが変わる気がした。


もちろん、成績的に国立大学に行けるはずもない。


高3のオレには時間がなかった。


ならば科目を絞って、

「勝つための戦略的な努力」をするしかない。


「過去問」を解きまくり、

「傾向」を掴み、

勝つための「効率的なトレーニング」を積んだ。


運も大いに味方してくれたはずだ。


何とか志望大学の一つに受かることが出来た。


ちなみにオレは一校しか合格していない。

他に受けた私立大は全滅。


本当に、
神様か仏様かご先祖様かが、

オレのために上手く操作してくれたんじゃないかと今でも思う。


ほんと、

そう思うくらいの奇跡的な合格だった。


「憧れの街”東京”にとうとうオレは来れたんだ!

どうせなら、刺激的でBIGなコトしちゃってやるぜ!

見てろよ”東京”!!」


・・・新宿歌舞伎町の煌びやかに光るどデカいネオン看板を見ながら、
上京初日にそう誓ったコトを今でもハッキリと覚えている。


気持ちは、”挑戦者”。


どんな未来が待ち受けているか楽しみでならなかった。

でも、
じっと待っているだけでは何も始まらない。


でも、どうやって始めればいいか分からない。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。