偏差値30だった僕が海外のトップスクールで学んだ、学力を飛躍させるための鍵

1 / 7 ページ


 

僕は高校3年生の頃、非常に頭が悪かった。

 

県模試は毎回最下位。

もちろんクラスでも、最下位。

 

周りの友人からは、"偏差値30製造機"と呼ばれていた。

 

いくら勉強しても

僕の学力が伸びていくことはなく、大学受験では全落ち。

 

翌年、満を持して再度挑戦するも

“学習”を理解していなかった僕は、またもや見事に全落ちした。

 

誰がどう見ても勉強の才能なんて微塵も持ち合わせていなかった僕だったが

イタリア人を彷彿とさせるような彫りの深い恩師と出会い、僕の人生は一変した。

 

僕の学力はみるみる飛躍し

最終的にはオーストラリアの東京大学と呼ばれるメルボルン大学へと

歩みを進めることができた。

 



世界ランキングでは東京大学よりも遥かに上の大学だ。

 

偏差値30製造機、オーストラリアの東京大学へ。

 

あまりに急激な成長だったため

正直自分でも何が起きたのかわからなかった。

 

今の自分と昔の自分を比較しても

何が異なるのか全く思いつかなかった。

 

自分のことは、自分は一番わからないものだ。

 

どのようにして僕の学力が一気に飛躍したのかというのは

とても気になるところかもしれないが

学習法に関してはまた別に機会に書くとして

今回焦点を当てたいのは、海外大の学生だ。


やはりトップスクールとなると、学生のレベルが極めて高い。

みんなの読んで良かった!