ワールドピースチアリーダーMONAの原動力、それは障がいという素敵な個性を持った弟 part3

1 / 2 ページ

前編: ワールドピースチアリーダーMONAの原動力、それは障がいという素敵な個性を持った弟part2
後編: ワールドピースチアリーダーMONAの原動力、それは障がいという素敵な個性を持った弟 part4

ピーポーピーポーの音が聞こえた

夜、聞いたことないような慌ただしい両親の声で目が覚めた。

ピーポーピーポーの車に弟とパパとママが乗って何処かへ行ってしまった。

次の日、友人の家に私は預けられた。
一体、何が起きたのだろう。
どうして、私を置いて何処かへ行ってしまったのだろう。

しばらく経って、母が家に戻ってくると、私を病院に連れて行った
弟に会わせるためだ。
「弟に会うために、何で病院に行くの?」

弟は、大きな病院の、特別な部屋で、見たことない機会に囲まれていた。

でも、久しぶりに、会えた。
それが嬉しかった。

詳しくはママも私には話さなかったが、何やら
「しょうがい」
というものを弟は持ったらしい。
あまりピンとこなかったが、家族の生活が、今までとは少し違くなっていくのかもしれないと思った。

新しいせいかつ

それから、しばらく弟は病院で生活することになった。
ママもずっと病院に付き添っていたので、私は東京のおじいちゃんとおばあちゃんの家に預けられることになった。
幼稚園も変わった。新しい幼稚園で新しいお友達ができたことは嬉しかった。
その幼稚園では、バレエや英語やダンスや習字などを教えてくれた。
これが都会の幼稚園なのかと子供ながらに感心した。

でもどんなに新しい生活が楽しくとも、寂しい子持ちはまったく変わらなかった。
おじいちゃんもおばあちゃんも大好きだけれど、大好きなパパとママ、弟とはずっと会えていない。

弟は一度退院し、やっと私も自分の家に帰ることになった。


しかしその後も弟は入退院を繰り返した。
母と病院に行っても、私は病棟には入れてもらえず、いつもロビーのソファーで待っていた。
自分の体調が悪かった時、待っていたソファーで吐いてしまったことがあった。
ママに迷惑かけないようにと、きていたジャンパーで自分で急いで拭いた。

ご飯を食べるのもひとりが多く、一人で食べるのはあまりに寂しくて、ついにはご飯が食べられず、栄養失調になってしまった。
私は病院で、栄養があるというぶっとい注射を刺された。

みんなの読んで良かった!