ワールドピースチアリーダーMONAの原動力、それは障がいという素敵な個性を持った弟part2

前編: ワールドピースチアリーダーMONAの原動力、それは障がいという素敵な個性を持った弟 part1
後編: ワールドピースチアリーダーMONAの原動力、それは障がいという素敵な個性を持った弟 part3

私の弟、この素敵な世界にようこそ


好奇心が膨れ上がった私にまたとないニュースが飛び交った。
なんと私に弟ができるというのだ。
家族が大好きな私に、さらに大好きな人が増えるということになる。
なんて素敵な事件なのだろうか。

大きくなっていくお腹を見せては母は私に
「今日なお目め屋さんに行って、大きなお目めを選んできたのよ
今日はこれからお手て屋さんに行ってくるね
今日は素敵なあんよが手に入ったのよ」
と私に語ってくれた。
母のお腹の中で、毎日すんごいことが起きている。
そんなことができる母を心の底から尊敬した。
スーパーまま。

自分でお尻が拭けるようになったのも、母が出産のために入院したためだった。
私は着実に
「お姉ちゃん」
になる準備をしていた


目の前に、小さな小さな人間が現れた。
私は小さな人間だと思っていたけれど、私よりはるかに小さい。
小さくって小さくって、いい匂い。
「愛おしい」
この感情も初めて芽生えた。


弟が家にやってくると、同時に、
「嫉妬」
という感情もやってくるようになった。
パパとママがこれまで100パーセント私だけに愛情を注いでくれたのに、その時間と愛情が、私だけでなく弟にも向かうようになった。
そんなこと聞いていない。
計算外の出来事にびっくりした。

私にはキャサリンというお人形さんのお友達がいたので、彼女はよく私の複雑な姉心を聞いてくれた。

弟との楽しい日々


弟が1歳になるころ、私は5歳になった。
ただおっぱいを吸って、寝て、泣いて、笑っていただけの弟は随分といろんなことができるようになった。
私と違い、いたずらというのが好きらしい。
ものが握れるようになると、握っていたものをわざと落とし、拾ってあげてもまたわざと落とす
「落とすんじゃねーよ」
という遊びが、彼の一番好きな遊びだった。
車もどきのおもちゃがあり、それに弟が乗り込み、押せ押せうるさいので、毎日腰が痛くなるまで押してあげた。

公園、スーパー、海、川、
家族でいろんなところに行った。
家族4人で再びアメリカにも行った。
ホームパーティーというのが大好きな母の影響で、毎日家にはいろんな人が来た。
私たち家族の周りは常に笑顔に溢れていた。

「幸せだな」

嫉妬という感情もすっかりなくなってきた私は、家族と過ごす日常が楽しくって、幸せで、毎日が、ゆらゆらキラキラしていた。


そんな穏やかな日常が、ある日の晩を境に、激変することとなった。




続きのストーリーはこちら!

ワールドピースチアリーダーMONAの原動力、それは障がいという素敵な個性を持った弟 part3

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。