もう40年も前の、学生運動の話 第八回

前編: もう40年も前の、学生運動の話 第七回

行動隊は行く。どこまでも、どこまでも

全学集会で学友たちがぐだぐだしている間、先輩から巻き上げた5万円とともに学外に出た行動隊は何をしていたか?

と、ここからは帰ってきた行動隊の一人から聞いた話。

「まずさ。腹が減っては戦もできんわけよ」 ん ?

「特に5万円もあるわけさ」 おいおい ^^

「で、ひょっとしたら“くさい飯”を食わんといけんかもしれんやろ」 いやいや。

「長丁場にもなるしな」 だから、何よ ?

どうも、まず行動費でご飯を食べたようである。

大学から駅までの道には、学生相手のお店が並んでいる。

もちろん、今みたいにオシャレな店はなく、お好み焼き屋、純喫茶、王将。あとは雀荘と本屋とコピー屋ぐらい。

「みんなに悪いとは思うたんやが、腹が減ってしょうがなかったんや。許してくれ」

「ラーメンにチャーハン。餃子まで付けてしもうた」

と、どこまでも貧乏学生の“ぜいたく”とはこの程度のものである。

ちなみに同じメンバーが、闘争中に公務執行妨害でつかまった3回生保釈のために集めたカンパで本棚を買ってしまい、保釈されずに公判が継続されたことは内緒だが事実である。

(この3回生は、その後長い間「Y君奪還闘争」の主役となった)


彼らは「ビールまではやめとこな」と決議しつつ、麦茶を飲みながら行動計画を練り始めた。

手元にあるのは、理事長自宅の住所と定宿ホテルの名前。

自宅は西宮。隣の県である。ホテルは梅田。大阪なので、こちらが近い。

「近いホテルから攻めよか ?」

「いや。相手は理事長やろ。まず礼儀としてご自宅に伺わんと」と、

どんな理由ぢゃいという理由で、遠い西宮に向けて出発する。

しかし、そんな高級な住所の土地勘があるわけではない。

乗り換えが・・・と、まっとうなメンバーが駅で路線図を見ようとしていたら、

「5万あるんじゃ。タクシーじゃ ! どこまでも行くぞ !!」

と、勢いだけのメンバーが多数決。

食べちゃったんだから、もう5万はないぞ~ ! というツッコミは誰もしなかったらしい。

さらに「兄ちゃんら、住所んとこ着いたで」と運転手さんに起こされるまで、すっかり寝ていたとのこと。緊張感のないことおびただしい。

ま。お腹いっぱいやったしね。


当然、理事長が自宅などにいるわけもなく。2時間ほど近くの公園でたむろって、彼らは梅田に戻ってくる。

彼らはこれを「張り込み」と称していた。

この時に、今回の闘争を勝利に導いた「運」が起動していたのだ。


行動隊の快挙 !? いや。ほんとにまぐれ

「5万ある」ことを理由に帰りもタクシーを使うのだが・・・。

一番しっかりしていたメンバーが持っているはずの「紙」がない。

学科のトップが大切に持たせて送り出した「住所とホテル名を書いた紙」がない。

「あ。さっきのタクシーに住所教えるときに渡したまんまや」

ほんとにもう !  である。

実に「初めてのお使い」レベルの行動隊である。

後にわかったのだが、事務室の職員はわざと“違うホテル”を教えていたらしい。

どこまでも大学側に律儀な職員なのだ。(ま。社畜の忠誠心ではあるが)

しかし我らが行動隊は、その間違ったデータを紛失。

職員の苦肉の策も水の泡。

「プラザやったかなぁ、ロイヤルやったかなぁ・・・」

当時の大阪で高級ホテルといえば、この2つしかなかった時代である。

「なぁ。プラザって朝日放送の横にあるやつやろ? 南沙織とかおるんちゃう?」

この期に及んでもミーハーな理由で、行先をプラザホテルに決定。

これが当たりとなるんだから、神様・南沙織様なのである。


さらにホテルに着いてからも、まぐれの神は微笑み続ける。

普通、高級ホテルのロビーで貧乏を絵に描いたような学生がキョロキョロしていれば、あっと言う間に挙動不審でチェックされる。

この時も当然チェックされてはいたと思うのだが、この学生たちはあるスーツの男に話しかける。

場にはそぐわないが、何かの事情でその人と待ち合わせたのだろう。と見逃された。

このスーツの男。誰あろう「間違ったホテルをわざと教えた」事務室職員。

職員にとっては、たまったものではない。

間違ったホテルを教えておいて、学生がそっちに走る間に理事長にご注進。という目論見が、行動隊が西宮に行っていたことと、まさかの「南沙織」で正しいホテルに来てしまったことで崩壊したらしい。

ホテルで何時間も学生が来ないことを確認した職員は、理事長と食事に行く段取りをとってロビーで待っていた所だったとか。


まさに、飛んで火にいる夏の虫。

職員をみつけて近寄って来る理事長。

引きつる笑顔の職員。たぶん「来たらダメ」と手を振ったりしていたかもしれない。

けげんに思いながらも近寄る理事長。

柱の陰から貧乏学生。

はい、捕獲。任務達成の瞬間であった。


大阪・西宮、西宮・大阪のタクシー領収書は、一番しっかりしていた(紙をなくした)メンバーが取っていて、件の事務室職員に自費で清算させたとか。

しかし、闘争勝利の歓喜の中でそのお金はどこかに消失。

そう言えば、後で一緒に定食屋で酢豚定食を食べたような気もしますが、きっと気のせい。

えぇ。気のせいですとも。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。