もう40年も前の、学生運動の話 第八回

1 / 2 ページ

前編: もう40年も前の、学生運動の話 第七回

行動隊は行く。どこまでも、どこまでも

全学集会で学友たちがぐだぐだしている間、先輩から巻き上げた5万円とともに学外に出た行動隊は何をしていたか?

と、ここからは帰ってきた行動隊の一人から聞いた話。

「まずさ。腹が減っては戦もできんわけよ」 ん ?

「特に5万円もあるわけさ」 おいおい ^^

「で、ひょっとしたら“くさい飯”を食わんといけんかもしれんやろ」 いやいや。

「長丁場にもなるしな」 だから、何よ ?

どうも、まず行動費でご飯を食べたようである。

大学から駅までの道には、学生相手のお店が並んでいる。

もちろん、今みたいにオシャレな店はなく、お好み焼き屋、純喫茶、王将。あとは雀荘と本屋とコピー屋ぐらい。

「みんなに悪いとは思うたんやが、腹が減ってしょうがなかったんや。許してくれ」

「ラーメンにチャーハン。餃子まで付けてしもうた」

と、どこまでも貧乏学生の“ぜいたく”とはこの程度のものである。

ちなみに同じメンバーが、闘争中に公務執行妨害でつかまった3回生保釈のために集めたカンパで本棚を買ってしまい、保釈されずに公判が継続されたことは内緒だが事実である。

(この3回生は、その後長い間「Y君奪還闘争」の主役となった)


彼らは「ビールまではやめとこな」と決議しつつ、麦茶を飲みながら行動計画を練り始めた。

手元にあるのは、理事長自宅の住所と定宿ホテルの名前。

自宅は西宮。隣の県である。ホテルは梅田。大阪なので、こちらが近い。

「近いホテルから攻めよか ?」

「いや。相手は理事長やろ。まず礼儀としてご自宅に伺わんと」と、

どんな理由ぢゃいという理由で、遠い西宮に向けて出発する。

しかし、そんな高級な住所の土地勘があるわけではない。

乗り換えが・・・と、まっとうなメンバーが駅で路線図を見ようとしていたら、

「5万あるんじゃ。タクシーじゃ ! どこまでも行くぞ !!」

と、勢いだけのメンバーが多数決。

食べちゃったんだから、もう5万はないぞ~ ! というツッコミは誰もしなかったらしい。

さらに「兄ちゃんら、住所んとこ着いたで」と運転手さんに起こされるまで、すっかり寝ていたとのこと。緊張感のないことおびただしい。

ま。お腹いっぱいやったしね。


当然、理事長が自宅などにいるわけもなく。2時間ほど近くの公園でたむろって、彼らは梅田に戻ってくる。

彼らはこれを「張り込み」と称していた。

この時に、今回の闘争を勝利に導いた「運」が起動していたのだ。


行動隊の快挙 !? いや。ほんとにまぐれ

「5万ある」ことを理由に帰りもタクシーを使うのだが・・・。

一番しっかりしていたメンバーが持っているはずの「紙」がない。

学科のトップが大切に持たせて送り出した「住所とホテル名を書いた紙」がない。

「あ。さっきのタクシーに住所教えるときに渡したまんまや」

ほんとにもう !  である。

みんなの読んで良かった!