(仮)私の男運どこに落とした

次話: (仮)私の男運どこに落とした 2

最初の最初〔しっくん〕

当時ナンパ待ちが流行っていた。

私の友人も夜な夜なコンビニや駅でナンパ待ちをしていた。

学校帰り、友人とコンビニに居た。
寒いねーとか話しながらおでん食べてた。
そこに白いワンボックスカーが現れて、人生初のナンパをされた。
今度のみに行こうと言ってきた。
明らかに偽名だったけど、当時の私にはどうでもいいことだった。

数日後、別の友人と遊んでいるときワンボックスカーの人から電話、名前しっくんっていってたなぁ・・・
『今から飲もうよ、迎えにいくよ』友人はノリノリで、来てー!と。

正直男の人は気を遣うから友人と2人だけで遊んでいたかった。

数十分でしっくん、その友達2人が合流。

カラオケボックスに行き、飲めないお酒を飲んでベロベロになり楽しくなってきた。
私の友人は3人の男とキスをし始め、私にも強要してきたのだ・・・。

その場の雰囲気壊したくないから軽くキスしてまわった。

もう夜中かなぁ・・・。そろそろ帰る話になった。
しっくん、友人、私だけ駅に降りたとき、ホテルに行こうと誘われた。

行った事ないから興味があった、馬鹿な私は友人としっくん、3人でホテルに行った。

3人でお風呂に入りベッドで遊んでいた。
しっくんは私と友人を触りだし、私はここで最初を捨ててしまった、友人の前で。

帰宅し、友人と笑い話に変えて色々と諦めがついた。

その日から性に対してオープンになっていた。
積極的にナンパ待ちに行き、事を済ませたら さよなら。
このときはこれが普通なんだと思ってたし、何人とヤったのかをガールズトークするのが日常で
会話についていくのにも必死だった。

もっと数こなさなきゃ・・・。そんな事考えたり。

私は母子家庭で育ち、出て行った父はテロ動画を小学生の私に見せるようなクズだった。
私や兄に手をあげるのは当たり前、3階の自室ベランダから落とされたことも。
パセリの畑に落ちてほぼ無傷・・・、私のパセリ嫌いはここから・・・?笑





続きのストーリーはこちら!

(仮)私の男運どこに落とした 2

著者のあああ あああさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。