受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート1

1 / 7 ページ

次話: 受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)


僕は、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ、政治社会科学部(Social and Political Sciences) 出身です。


18歳で日本の高校を卒業するまで、海外に行ったことはおろか、英語を一言すら喋ったことがありません。


受験には失敗し、浪人。その後渡英し、様々な道のりを経て念願のケンブリッジ大学に合格。


その後は大学を卒業し、帰国。それから2年間塾講師として勤務し、現在は海外の大学院進学を目指すかたわら、作家の卵としても活動をしています。




今回この場をお借りして、僕が18歳のころ渡英を決断し、最終的にケンブリッジ大学に合格するまでのストーリーをお送り致します。


このストーリーを通じて、あきらめない事の大切さ、夢を大きく持ち続けることの大切さ、自分を信じ切ることの大切さが、少しでも多くの方々に伝わればと願っています。


受験生のころのエピソードから、渡英を決断するまでの経緯をパート1として、渡英後2年でケンブリッジ大学に合格するまでの経緯を、パート2としてお送り致します。



日本一やる気の無い東大受験生


僕は子どものころ、根っからの人間不信でした。


10歳の時に両親が離婚。その後転校先での出来事がきっかけで、あらゆる人や物事に対して疑心暗鬼になってしまいました。


高校時代は、ほぼ人と会話をせずに過ごします。


部活に没頭し、朝は誰よりも早く学校に来て、夜は誰よりも遅くまで残って練習に打ち込む毎日。


僕がいたのは県内でトップクラスの進学校でしたが、僕はその授業のほとんど全てを居眠りをして過ごしていました。


後々に分かったことですが、僕の内申書には普通に「1」がついています(本来なら落第です。テストの点数だけ悪くなかったので、なんとかお咎めを受けずに済んでいたのでしょう・・・)。




そんな僕が、3年生になって部活を引退。


もちろん、勉強なんかやる気になるわけがありません


しかしながら、どうにもこうにも、何もせずただ時を過ごしているのも辛い。勉強を「しなくてはいけない」という事が分かっていたから、なおさらやる気になれないのが辛い。


そこで、僕は一つ壮大な目標を立ててみることにしました。


みんなの読んで良かった!

他21コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。