中卒元ヤン 博士号を取る

1 / 3 ページ

前編: 中卒元ヤン 博士号を取る
後編: 中卒元ヤン 博士号を取る

遂に昨日、博論を提出した。

これで恐らく、この3月に大学院を修了でき、学位を授与されることになる。

でも、私は長らく中卒だった。


人生に絶望していた14歳の秋、
初めて、私の目を真っ直ぐに見てくれる大人と出会った。
眩しい位、キラキラした女性だった。
この人の元で働く!即決した。
その人は、美容師さんだった。

私は生きることを選んだ。


99パーセントの人が高校へ進学する中、私は彼女(社長)の元で美容師への道を歩み始めた。
そして、ほどなくしてロンドンへの美容留学が目標になった。

19歳で渡英。
様々な人種。様々な宗教。様々な価値観。
バックグラウンドなど、何の価値もない。
今、ここにいる私が全て。
国籍も性別も年齢も、もちろん学歴も関係無い。

呼吸がしやすかった。

この国では、多くの人が大人になってから大学へ行っているということも知った。
心理学を学んでみたい。そんなことが頭の片隅に置かれた。

3年半後に帰国。
今ここにいる、目の前にいる私は見てもらえなかった。
息苦しかった。
心理学の様々な本を読み漁った。
もっと心理学を学びたい。

でも中卒の私は大学へは行けない。
大検(現在の高認)を取る必要があることを知った。

25歳。小学生以来の勉強。
でも勉強の仕方自体がわからなかった。
大検指導をしている学習塾を探し、
小中学生に混ざって勉強をした。
そして2ヶ月で大検取得。

みんなの読んで良かった!