ばあちゃんの教え

1 / 5 ページ

 ばあちゃんの死に目に会えなかった。

 私が社会人となり、海外駐在中に往生した。

 99歳だったので大往生だったけれど、

 ばあちゃんっ子だった自分にとっては

 それまでのどんな出来事よりも大きな衝撃だった。

 

大人になってから初めて、いや子供時代ですら、

小1で父親に急死された時も涙はほとんどこらえたから、

人生で声をあげて大泣きするのは初めてだった。 

幼い頃から母親が仕事に行っている間、

母親代わりとなって育ててくれたばあちゃんからは

「男が簡単に泣くもんじゃなかばい。

泣いてよかとは家族が死んだ時だけたい。」

とたびたび言われていたので、

少々の辛いことではホロリとも涙を流すことなく、

九州男児として育ってきた。

 ただ、そんな家族の最筆頭(?)である

 ばあちゃんが亡くなったということで、

 この時だけは泣いた。

「家族が死んだ時くらいは泣いて良い。」

 というばあちゃんの言葉どおり大声を上げて泣きじゃくった。

 

小1で父親が急逝してからは専業主婦だった母親が

働きに出るようになり、ばあちゃんが世話をしに来てくれていたのだが、

その時にいろいろな話を聞いた。

民話から人生論からおじいちゃんとの馴れ初めまで、

縁側や風呂でよく話をねだって聞いたものだった。

 

小4くらいだったか、

ある日学校で平和学習があり戦争のことを学んだ。

「身近に戦争体験者がいるのであれば、

 お願いして話を聞いてみるのも大事な勉強だ。」

みんなの読んで良かった!