出会って30秒ぐらいの人にプロポーズした話 【第1話】

1 / 3 ページ

後編: 出会って30秒ぐらいの人にプロポーズした話 【第2話】

プロローグ

- 写真で見たよりも、可愛いな -
部屋に入り、テーブルを挟んで向かい側の席に彼女が座るまでの30秒間、そんな事を考えていた。

『初めまして』

僕が彼女に向かって、最初に発した言葉がそれだ。
果たしてこのプロポーズは成功するのだろうか。


竹内紳也・30歳。

この物語を円滑に理解して頂くために、ひとまず、自己紹介をさせて頂くとする。

竹内紳也の30年間

最初に言っておきたいのだけれど、僕は30年間、ずっと幸せだった。

小、中、高校時代を過ごし、アルバイトを経て、社会人になって働く毎日。
人間の人生は、1行の文で表そうと思えば簡単である。
特に何かをやり遂げるわけでもなく、泣いて笑って、何となく積み上げた30年間。そんな僕の肩書きを一言で表すなら

「女体知らず」 だ。

…うん。まるで妖怪の名前である。
自分で書いておきながら、すごく悲惨な言葉だ。ストレートで、実にインパクトが強く、聞いた瞬間に死にたくなる。
なぜ、親から健康な体を授かった僕が「女体を知らないまま」30年間も過ごすことになるのか。

その理由をここで説明するつもりは無いし、自分自身でもよくわからない。

中学時代から美少女アニメとカードゲームにハマり『現実世界の女とかマジで無理w』とか思いながら男子校同然の工業高校に進学、卒業。
そこから29歳までひたすらアルバイトをしながら趣味にオンラインゲームを追加して、とくに友達とも遊ばずに家とバイト先をひたすら行き来するだけの毎日を送り続けてきた。

それが僕の人生だ。

給料はオンラインゲームの課金に全て消えた。貯金は一切ない。
洗濯のしすぎで白くなったジーンズに、ダルダルに伸びきったTシャツ、ボロボロになった靴を身につける。元々が安物である。
ボサボサの頭は、寝癖を直す気力がない事を示していた。
中でもひどいことに、メガネのレンズは傷だらけで視界が白くなるほどだった。

女性から見た僕は、きっと一切の魅力が無い男だっただろう。
その事は自覚をしていたし、そもそも女性と付き合うつもりも無かった。
フリーターの上、貯金が全く無いのでは女性と付き合っても仕方が無いと思っていた。

みんなの読んで良かった!