ふと『死』について考えた21歳の冬


僕らは皆必ず死ぬ。それは紛れも無い事実だ。でも『死』は必ず訪れ、また、いつ訪れるのか分からないからこそ、僕らは今この一瞬一瞬をかけがえのないものとして生きることが出来るのではないだろうか。











みんなの読んで良かった!