ママチャリ日本一周弾き語りツアー〜逆の立場〜

前話: ママチャリ日本一周弾き語りツアー 〜日本語が下手くそやから〜
次話: ママチャリ日本一周弾き語りツアー〜日記〜

音楽の力


当時14歳の僕は
日本語が下手くそやから
と言う理由からミュージャンになるのが夢になりました。


何やねんそれ!!
って感じですよね笑

しかしながら、
ミュージャンになりたい理由がもう一つありまして

それはわりと真面目なんですね。
わりと真面目て笑

はい笑


とりあえず、
ミュージャンを目指す、目指さない
に関係なく、大体の人が音楽って聞きますよね。
好きなアーティストさんの話をしたり、
好きな子の好きなアーティストを好きでもないのに無理やり聴いてみり、
中学生の時なんか特に、昨日のMステ見たー?
なんか定番のネタですよね?笑

僕もそんな中学生で
音楽聴いてたんですよ。


そしたらね。







イヤホンから流れてくる音楽に
元気をもらってる僕がいました。


イヤホンから流れてくる音楽に
癒される僕がいました。

イヤホンから流れてくる音楽に
やる気をもらってる僕がいました。

イヤホンから流れてくる音楽が
僕に共感してくれました。


イヤホンから流れてくる音楽が
僕を救ってくれました。



だから僕は思いました。


イヤホンから流れてくる音楽に
僕は元気をもらった。

言うてもらえるように。



音楽に元気もろたから、次は僕が音楽で聴いてくれた誰かを元気にしたい。


逆の立場に将来なる。
と当時14歳の僕は思いました。


これが僕のミュージャンになりたいもう一つの理由。

音楽で人を元気にしたい。




日本語が下手くそやから
これ何回言うねん!!
もうええやわ。


続きのストーリーはこちら!

ママチャリ日本一周弾き語りツアー〜日記〜

著者の慎之介 日下さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。