夏祭りの痛い思い出。

どうもー!重延誠司です!


ぼくには5つ離れた弟がいるのですが、今年の夏までに彼女が欲しい。と相談してきました。かわいいやつめ。

なんでも夏祭り時期はいつも彼女がいないらしく今年こそ夏祭りデートがしたいんだ!とのこと。

思わず笑ってしまったのですが、ぼくもその時期になると思いだすことがあります。

高校1年生の頃、彼女と夏祭りに行こうと自転車で二人乗りしていたんですが、彼女が"ジブリ乗り"とでも言うんですかね?(耳をすませばの乗り方です)あれでぼくが漕いでいたら足首を車輪の中に巻き込んでしまってアキレス腱付近の皮膚をえぐってしまって夏祭りどころではなく病院行きだったという話なんですが…。

傷口を思い出すだけでゾッとしますね。(笑)


痛かったようで、それはそれは大泣きしていました。

はじめて女性を泣かせてしまった日になりました。本当にごめんね…!


でもその彼女とは、高校卒業して大学入学してしばらくは付き合いましたよ。

今では仲良い女友達の一人です。


重延誠司


著者の重延誠司さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。