落とした餃子 小3子どもたちとの約束

1 / 2 ページ

小学3年生の給食の時間の出来事。




私は採用試験を経て教員になった2年目で、受け持った児童は小学3年生37人。


実は、1年目に受け持った小1のクラスで学級崩壊を経験し、そのクラスを何とか何とか立て直し、その翌年度ということで、また同じ過ちを繰り返しはしないのか、また学級が崩壊しないのかと、新年度、新しいクラスの子どもたちと出会うまで、いえ、出会った後も、しばらくはどきどきどくどくしていました。


蓋を開けてみると、前年度に学んだ学級経営の技が生かせたからか、息が合う子どもたちだったからか、金曜日になると子どもたちと


「明日も学校あったらいいのにな~」


なんてことを、言い合うようなクラスになっていました。




そのクラスでのある日の、給食の出来事。




私は常々、子どもたちと一緒に、子どもたちの机で給食を食べていました。

その日は、教室の一番後ろの班の子どもたち6人に混じっていました。

給食の、メインディッシュは餃子。



その班の一人、○し君は、餃子が大好き。

しかし、なんということか、○し君は、その餃子をほお張ろうとしたその瞬間に、餃子を床に落としてしまったのです。

さっと拾う○し君。そして、ほこりにまみれた餃子をほお張ろうとする○し君。


「ちょっと待ったーーーー!」と、私。

「今、餃子落としたよね?ほこりまみれだよね?それ食べたら、お腹壊すよね?それはもう食べないようにしよう」


○し君は言います。

「僕、餃子が大好きなんです。どうしても食べたいんです」


私、「じゃ、今日、お母さんにリクエストするっていうのはどうかな」


○し君、「うちの家では、餃子は2週間に一度と決まっているんです。昨日、餃子だったから、あと2週間待たないと、大好きな餃子が食べられないんです。だから、この餃子、どうしても食べたいんです!!!」


○し君の言葉に、思わず笑顔になった私は、ここで、時間にしたら1~2秒くらいのことですが、頭の中で二人の自分が話し合っていました。


(こんなに、食べたいんだから、食べさせてあげていいんじゃない?)と、思う私と、


(いやいやいやいや、担任の私の目の前で落として、それを拾って食べたら、それは指導しないとねぇ~、それを食べさせるのはいくらなんでもなしでしょう~)と、先生らしいことを考える私と、


(大好きなものを2週間も食べられないって、かわいそうだよね~)と、また思う私と


(これで、お腹壊してみぃ、担任が見てて指導しないって、そりゃぁ、大問題やわな。保護者から苦情来るなぁ・・・)


と、ここまで、考えて、


(結局、保身か・・・ ごめん、○し君、食べたい気持ちは分かるが、勘弁やで、やっぱり食べてお腹壊して、保護者から苦情来たら困るから、食べるのはあかんわ)


という、思考の元、


私、「○し君、食べてお腹壊すかもしれないから、食べないように。その代り、先生があなたに餃子買うわね。ご馳走するわ。それで、どう?」

とっさに、私はそんなことを言っていました。


○し君、「やったー!先生、僕、この餃子食べません!先生に餃子買ってもらえる♪」


と、それを聞いた同じ班の子たちが次々と、自分の餃子を落とそうとするじゃないですか!!!


私、「待って、待って。わざと餃子落とすんなしね。」


○し君と同じ班の子たち、「私も先生の買ってくれる餃子食べたい」「僕も、先生の餃子食べたいから、この餃子落とす!!!」


私、「分かった!この班、みんなで餃子食べに行こう!」



今度は、それを聞いたクラス全体が次々に餃子を床に落とそうと・・・。


私、「待って、待って。みんな、分かった。分かったから、餃子落とさないで!クラスみんなで食べに行こう!でも、今すぐにって訳にはいかないから・・・・・・そうや、小学校卒業のお祝いに、餃子パーティーしよう。クラスみんなで!」


クラス全体「イエーーーイ!」

そして、クラスが、一致団結して、どこからともなく歌声が・・・。

「♪卒業祝いは餃子パーティ♪卒業祝いは餃子パーティ♪」



あまりに嬉しかったからか、子どもたちは、何度も何度も歌っていました。そして、その興奮した歌声に、他のクラスの子たちが、何の騒ぎかと見に来る始末。



著者のJuncoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。