運動会の組体操

どうもー!重延誠司です!


最近では廃止のところも多い、組体操。
ぼくたちの時代は運動会といえば組体操が一番の目玉だったし、廃止なんて考えられないんですが、危険であることは間違いないですよね・・・。

その時流行っていた、福山雅治さんの曲をかけながら、みんなで一生懸命演じました。
膝に砂がめり込んだり、風で砂が舞って目に入ったり、声を出せ!と言われて出し過ぎて声が枯れたり、全然やる気なかったヤツも本番に近づくにつれてやる気になってきたり。

とにかく、そこにいた全員がひとつになる感じというのは組体操でしか味わえないものがあると思うんです。


懐かしいな~。
これから組体操をやるはずだったけど廃止になってできない子たちは代わりになにをするんだろう?あの感動を味わうことのないまま終わるのは寂しい気もするけど、時代の移り変わりってこういうことなんでしょうね。そんなこんなで平成も終わりに近づいていますしね。

ニュースで事故があったとかを見ると、ぼくたちも危険と隣り合わせだったんだな、って改めて感じました。先生、大変だっただろうな・・・。

重延誠司

著者の重延誠司さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。