2000万円以上の借金の理由、借りられたワケ、そして返済

1 / 2 ページ

先日、ストーリーにて、2000万円以上のローンを抱えた話を書きました。

今日は、なぜそうなったのかを書きます。



そもそも私なのですが、、、男運がありません!! (笑) お金持ちの人には、ほぼ会いませんでした。そして困っている人がいたら、助けないといられない性格。

これらが災いしました。

この2000万円のローンを抱える10年近く前にも、500万円以上、返済しています。

2度も同じ失敗をしているのでした。とほほ。


【借金した理由】


借金の原因は、ずばり「男」です。つき合っていた男性です。

自分のためでは、これっぽっちもありません。

彼のためを思って借りたローンでした。

「仕事に使う道具を買いたい。」
「生活費が足りない。」

彼は、借金を作れる立場の人間ではありませんでした(← あやしいー)。

それらを私が肩代わりしていました。

(もう、なんとおめでたいというか。アホ。)

そして、ずいぶん経ってから、彼が仕事を辞めていたことに気づきます。

彼は、私に嘘をついて、ずっと無職でした。

当時、私は、うつ病を患っていたこともあり、「考える力」が衰えていました。

そして、彼に「洗脳」され、うまく使われていたのです。

あれよあれよと気づいたら、2000万円以上に借金が膨れ上がっていました。


毎月の返済が月末にやってきます。

その時は、戦々恐々でした。いくら、引き落とされるのか。足りるのか。

月末が恐怖でした。

生きた心地がせず、自己破産も考えました。

しかし、絶対に自己破産をしなかったのは、親に買ってもらったマンションがあったからです。

これだけは、絶対に手放したくなく、それが理由で、なんとかがんばりました。


【多額のお金を借金できた理由】

これは、私が、一部上場の大きな会社に勤務していたからです。

銀行やクレジットカードで、ほいほいとお金を貸してくれました。

キャッシングの利率は、とんでもなく高いです。

でも、そんなことは考えていられませんでした。

返済のためにお金を回す。

いろんな銀行などに口座を開設しました。そして借金をしました。

完全スルーで断られた銀行も何件かあります。


そして、あと1つ、救いだったのが(← 救いといっても借金を増やしただけ。)、生命保険の「貸付金」です。借金のために、生命保険を解約しようとしたところ、提案してくれました。
そういう「ワザ」があることを知り、この貸付金で、数百万円を借りられました。

借金できるところは、ありとあらゆるところを考えました。

でも心に決めていたことは、「消費者金融」からは、お金を借りないということでした。

結果的には、銀行のローンは「消費者金融」なのですが、明らかに名乗っているところからは、借りませんでした。


その彼は、すごく悪知恵がはたらく人で、年末のボーナスが出た時期に、3日連続で、銀行口座からお金が引き出される事件がありました。銀行や警察まで行って調べてもらったところ、なんと、彼が、私のキャッシュカードを夜中に抜き取り、近くのコンビニで引き出していたのです。

警察からは、こういうケースは、「身内であることが犯人のほとんど」と教えてもらいました。

その時の彼は、全く罪悪感のかけらも無く、悪知恵をはたらかせて、さらに私からお金をむしりとっていきました。

自分がどうしようも情けなく、救われず、自殺も考えました。

「そうしたら、ラクになるなあ・・・」

と。

本当にさんざんな数年でした。

最後は、当然のことながら、絶縁しました。

私に残ったのは、多額の借金だけです。


【借金返済】

追い込まれた私は、前述のとおり、「自己破産」も考えました。

「自己破産」か「返済」か「自殺」か。

その3択しか、考えていなかった時期もあります。

やがて、うつ病が改善してきた時に、少しずつ頭が回り始めました。

まず、思いついたのが、会社の制度である「持ち株制度」と「財形積立制度」でした。

これは、途中から給与から天引きで行っていました。

「これを現金にできないか?」

そこから、私の頭が動き出しました。

調べて、無事に現金に変えることができました。といっても微々たる金額です。

でも全然無いよりはマシ。少しまとまったお金を返済できました。

次は、自分が積み立てていた「純金積立」。これも全てお金に変えました。

著者の奥山 景子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。