純情ホスト③ 生活困窮編④

1 / 3 ページ


それから数週間は、なんとかTにご飯を奢ってもらったり先輩にご飯を奢ってもらったりしながらなんとか生活をしていた。

 

だがこのままいくと携帯電話が料金未払いで止まる・・・

 

そうなったらジ・エンドだ。

 

お客さんと連絡をとる事が出来なくなったらもう頑張りようもない。

残念ながらテレパシーを使える技術は自分にはない。

父親がNTTの社長でもない。

 

初回で店に来てくれて、こちらからアプローチをかけずにまた店に来てくれて自分を指名してくれるドラマなど期待できない。

 

すでにこの頃は公衆電話で電話などかけたらドン引きされる時代だった。

 

連絡を取る手段・・・

自分という存在をアピール、自分という存在を思い出させる・・・

キャッチ、店の新規といった出会いを2回目へと繋ぐ為に絶対的に必要なツール。

それが携帯電話だった。

 

3か月の保証期間が切れて、携帯電話が止められてトぶ。

何もできなくなるからだ。

それは従業員がやめる一番多いパターンの中の一つだった。

 

自分自身にもそのカウントダウンが始まっていた。

三か月という期間ではないが、このままでは携帯電話の使用料金を払う金が無い・・・

 

一方、

Tには3日に1回ほど待ち合わせて、ご飯を奢ってもらっている感じだった。

 

Tには店に来てくれとは一度も言わなかった。

 

ただただ金が無くてご飯を奢ってもらうという感じで、せめてその食事をしている間はバカな事を言ったり明るく会話をして、食事をしている時間が楽しんでもらえるように心がけた。

 

その後の展開を期待したチキンレースだ。

 

携帯電話が止まるか・・・・

 

 Tからのアプローチがあるか・・・

 

 

そんな状態でのTと食事をした数日後・・・。

Tからの着信があった。

 

T「もしもし、K君?」

私「違うよ。・・・・ウソウソ()、そうだよ~!どうしたの?」

 

T「いっつもご飯一緒に行ってるけど・・・どういう事なのかな?」

私「えっ!?そりゃTと一緒にご飯食べてると楽しいしね~。お金がないのもあるけど()

 

T「私も楽しいよ。」

私「それは良かったよ!申し訳ないと思ってたから、少しホッとしたよ()

 

T「・・・・付き合って・・・欲しいんだけど・・・。」

私「・・・・えっ!?・・・・・・」

 

 

私「・・・少し考えさせて欲しい・・・」

 

T[いきなりだもんね!ごめんね、じゃあまた・・・返事待ってるね!]

 

著者の健二 井出さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。