初めての熱中症

どうもー!重延誠司です!

夏はまだまだですが、思い出すのは中学時代、部活中に一度だけ熱中症で倒れたこと。

水もしっかり飲んでたし、顧問が厳しかったのでキチンと休憩も小まめにしていたのに
次の試合の話を聞いている途中にフラ~っと。
ポケモンの対戦中に全部瀕死になったときに"めのまえがまっくらになった。"と、ポケモンセンターに飛ばされますが、まさにそれ。


フラ~ッと倒れる瞬間、「めのまえが真っ暗になるってこんな感じなのか・・・」って吞気に考えたことを覚えています。(笑)

土曜日だったので保健室も開いてなくて木陰で休憩して自宅に帰ることになったんですが、なんか弱った自分が新鮮で変にテンションがあがっていたんですよね。
母もめちゃめちゃ心配してくれて。

当時ちょうど熱中症で死亡、ってニュースも多かったし。
今思えば寝坊して朝食がまともにとれていなかったからだとか、そういう感じだったと思います。
いやぁ、みなさん気をつけてくださいね。


重延誠司


著者の重延誠司さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。