第11話 パパが女(アリッサ)になったとき LA発LGBTトランスジェンダー家族日記

前話: 第10話 パパが女(アリッサ)になったとき LA発LGBTトランスジェンダー家族日記
次話: 第12話 パパが女(アリッサ)になったとき LA発LGBTトランスジェンダー家族日記
第11話 アリッサが女に目覚めるとき (2)
 

次女が描いたアリッサの絵。こんなにかわいく描いてくれたのね。アリッサもわたしも感動でこっそり泣く。次女も長女もアリッサ大好き。わたしのことは好きかしら?

 

 

 

 

 

レゴランドにて。アリッサと次女。この日のアリッサを絵に描いたんだ。
 
 
今回は、パパになってからのアリッサの女の性への目覚めについて。アリッサから聞いたこと、その通りに書きます。
 
 

2012年。当時、 長女5歳、次女3歳。娘たちの手がかからなくなり、体を鍛えるため、職場のオフィスビルディング内のジムでヨガ、キックボクシング、スピンのクラスを取りはじめる。

 

はじめて取ったヨガのクラスのインストラクタ−女性のブルーのネイルをとても美しいと感じる。インストラクタ−に素直に感想を伝えると、「あなたも塗ってみたらいいのに」とすすめられる。

 

ためらいを感じつつも、インターネットで調べると、セレブや運動選手には男性でもネイルをする人が多いと知り、興味を持つ。

 

 

ヨガにはまり、2年後には職場の近くにあるヨガ専門のスタジオに通うようになる。新しいタイプのヨガに挑戦するが、逆立ちすることが多く、自分が今まで履いていた男性用のショートパンツでは、パンツがめくれてしまい、どうにも動きにくい 。

 

友人女性からレギンズをはくようにすすめられ、一緒にlululemonの店に行き、気に入ったレギンズを数枚買う。

 

クラスにはレギンズをはく男性もちらほら。ただ、みなレギンズの上にショーツを履いており、レギンズオンリーはインストラクタ−とアリッサのみ。

 

 

レギンズを履いた感想は「気持ちよすぎ」。自分の中にぼんやり女を感じ、幼少時代のこと、大学時代の変装のことを思い出す。

 

 

それ以来、ヨガのアウトフィットは必ずレギンズ。最初は黒やグレーを選んでいたが、自分の気持ちに正直になることを決め、パステルカラーのかわいらしい色とか花柄を選ぶように。この頃から妻(わたし)に内緒で女性用のドレスや靴、下着をオンラインで購入しはじめる。

 

 

「女になりたい」という気持ちが次第に強くなり、女装願望のある男性を対象に、メークオーバーして写真を撮る専門の会社をネットで探しだし、早速体験。

 

 

その際、メークアップアーティストから「あなたはクロスドレッサーなの?それともトランスジェンダーなの?」と聞かれたことがきっかけで、自分の心と体について真剣に考えるようになる。

 

 

この、メークアップアーティストからの質問がきっかけで、トランスジェンダー専門のセラピストを本気で探し始める。

 

 

「この人だ」と思う専門のセラピストを見つけ出し、セラピーに通いだしたのは2015年の年末。セラピストのケイシーは、もと同僚の恋人(レズビアンカップルで、この同僚はアリッサと同じ会社で仕事をしていたとき、会社のLGBT groupに所属していた)だと後、判明。

 

 

2015年に公開されたトランスジェンダーの女性を描いた「Danish Girls」(邦題「リリーのすべて」)という映画を見て主人公に強く共感。

https://youtu.be/RTfESNVoGdI

 

さらにケイシーとセラピーを進めていくうちに、自分は間違った体で生まれたこと、自分は女性であることに気付く。

 

 

 

妻として、常に側にいたけど、アリッサはわたしに相談でず、わたしは何も気付くことができませんでした。

 

 

 

アリッサが買ってくれた車用Defuser。こんなの欲しかったの。女になってから、プレゼント選びのセンスに磨きがかかりました。

 

 
さて、次回はアリッサの名前について。アリッサの昔の名前はXXXXでした。
 

続きのストーリーはこちら!

第12話 パパが女(アリッサ)になったとき LA発LGBTトランスジェンダー家族日記

著者のAi Takayamaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。