第27話 パパが女(アリッサ)になったとき LA発LGBTトランスジェンダー家族日記

前話: 第26話 パパが女(アリッサ)になったとき LA発LGBTトランスジェンダー家族日記
次話: 第28話 パパが女(アリッサ)になったとき LA発LGBTトランスジェンダー家族日記
第27話 アリッサの性的指向について
さてさて、今日はアリッサの性的指向について。難しいお題で文章にまとまりがないけど、堪忍ね。
 

"TRANSGENDER 101"

トランスジェンダーについて、何も知識がない人のためにわかりやすく説明した英語の本。この本読んで勉強してます。2年前はトランスジェンダーという言葉を聞くだけで、身震いして拒絶してたから、わたしも随分、あれだね。大人になったね。

 

 

 
 

アリッサとお友達のナネちゃん。アリッサもかわいいけど、ナネちゃんのかわいさは半端ないっす。ナネちゃんはアリッサがトランスジェンダーだって知ってます。アリッサのごっつい手をみてすぐにわかったんだって。
 

 

 

アリッサがカミングアウトした後、よく聞かれた(今でも聞かれる)質問。

 

No. 1「子供たちはどういう反応したの」?

No.2「離婚はいつするの」?

No.3「アリッサにはボーイフレンドはいるの?」

 

以前も触れましたが、アリッサにはボーイフレンドはいません。アリッサは昔も今も男性にはまったく興味がないそうです。

 

「男性といると落ち着かない。昔から、男友達といてもそれほど楽しいと思わず、自分が浮いている気がして居心地悪かった。女友達とは、話が盛り上がって、一緒にいるのが楽しくて、いつまでも話をしていたかった」とアリッサ。

 

そういえば、ファミリードクター、歯医者さん、ヨガの先生、ヘアスタイリスト、などなど、アリッサは必ず女性を選んでいました。女性のほうが安心できるんだって。

 

 

(適合手術は受けていないものの)女になったアリッサの性的指向はレズビアン。「それじゃあアリッサと愛はレズビアンカップル?」と聞かれると答えはそうではないのです。

 

だってわたしは女性に興味ないもの。わたしはレズビアンじゃないし。

 

カミングアウトしたパートナーの性的指向に合わせて奥さん(またはガールフレンド)がレズビアンになるカップルもたくさんいるそうです。

 

でもわたしは同性愛者じゃない。男性にしか興味がない。

 

わたしたちの今の関係は中途半端。恋愛感情は、たぶんお互いもうないねえ。好きか嫌いかって言ったら、好きだなあ。法的には夫婦で、ふたりで一緒に子供たちを育てようと約束した仲良しの同居人って感じかなあ。

 

 

カミングアウトの前後から、アリッサはたくさんの女友達を作りました。ヨガを通して知り合った友達、コスプレフレンズ、ポールダンスの友達、好きなバンドのグルーピー。女友達とお出掛けしても嫉妬心はまったく感じません。「キャピキャピしててかわいいなあ」って思います。

 

 

アリッサは男性に興味がないと言うけど、ほんとかな?

 

だって、露出度満点の服を着て、プッシュアップのブラのなかにさらにシリコンブラして、すいカップ状態だし。「男性の視線を意識しているんじゃないの?」って意地悪く思うこともあります。

 

車をいじるのが趣味で(昔の話)、今でも、昔改造した男らしい車を乗ってるので、よく男性から声かけられるみたいだし。

 

 

将来、アリッサに好きな人ができたら、それでもよし。それが女性でも男性でも「お付き合いしてみたらいいんじゃない?」と思うのです。幸せになる選択をしてほしい。

 

でも、そういう話をまだアリッサにはしてません。そんなこと言ったら、アリッサを傷付けてしまう気がして。微妙な関係のわたしとアリッサ。

 

 

次回はアリッサの服用してる薬について。女性ホルモンを増やす薬です。

続きのストーリーはこちら!

第28話 パパが女(アリッサ)になったとき LA発LGBTトランスジェンダー家族日記

著者のAi Takayamaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。