【裏切りの始まり】あとがき

前話: 【裏切りの始まり】vol6
次話: 【自伝を綴ろうと思ったわけ】
職場、そしてハレ男の仕打ちによりストレスは1000%になり、マインドも、身体も、かなりぶっ壊れたわたしは、日本から逃げる事を決意する。
面白くなってきた英語を本格的に学びたくなったのもあり、選んだ国は『カナダ』。
行くと決めてからの行動は早かった。

給料を貯め、英会話教室に通い、学校探し、ホスト先探し、送金、チケット、斡旋業者を使わずに、友達の手を借りながら全て自分で手配した。

忙しく動くことによって
ハレ男を考える時間を無くそうと思った。

和太鼓は地元の文化ホールで大きい発表会を行ったのを機に辞めた。
ハレ男と会う機会がなくなってホッとした。

それから2年後、何の夢も目標もないまま、
あっさりとカナダに旅立つのである。


しかし根っこにあるものが変わったわけではないので、再びどん底を迎えようとは嬉々として旅立つわたしには1mmも思うこともなかった。

こうして一つ目の「どん底期」は、カナダに逃げるようにして幕を閉じた。

何かを責めることによって自分をまもりたかった。責めることによって、被害者でいることによって、自分はいい人なのだと証明したかった。


わたしは悪くないと。


なぜなら、当時のわたしは相手に使ったエネルギーを、「同じだけ」相手からももらおうとしてたから。

彼から愛されることによって自己重要感を保っていたから、そこが脅かされるとものすごく不安とか焦りを感じて、

わたしばっかじゃん、なんで?
そんなのは対等じゃない!
もっとわたしを見てよ!と

モヤモヤが支配してしまっていたのだ。

勝ち負けの世界で生きてた。
男女の間でこれやると、ホントどんどん拗れてくる。


人と向き合うことも育もうともせずに、
誰かのせいにしてれば自分はとっても楽だけど
でも、それだと根本的な解決には何一つならない。


辛いから、キツイからと、
そこから逃げる選択ばかりだと
(もちろん逃げた方がいい時もあるけど)
同じような現実がまたやって来る。


結局、幸せを壊したのはハレ男ではなくわたしだったのだ。

丸裸の自分をさらけ出すことを嫌がり、
ガチガチのプライドと見栄で固め、

相手にしてもらうこと
相手が変わることだけを望み

自分のせいでこーなったとは
微塵も思わなかったのである。


でも必死だった。
自分を守りたかっただけだもんね。


ただ、「ハレ男が好き」という気持ちだけで良かったのにね。































続きのストーリーはこちら!

【自伝を綴ろうと思ったわけ】

著者のMiyako Handaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。