自業自得な人生。。3

次話: 自業自得な人生。。4

「お疲れ~」

「最近調子いいね~」
「なんかやってるの?」
「なんで実績でるの?」
「○○くんのエリアは元々数字よかったよね(笑)」
という感じの話だったと記憶している。が、この先輩も半年近く実績が100%超え。すごいバイタリティーの高い人だと感じた。いわゆるアイデアマンで新しい営業スタイルを築いているイメージが強かった。
「俺はさー。基本的に土日かイベント事があるときしか店舗まわってないんだよね。平日はパチンコ屋かまんが喫茶かなぁ」
衝撃だった。あれだけ毎日車を運転してラウンドしている自分とは違い余裕があった。先輩曰く「毎日真剣に仕事しても、俺みたいにある程度手を抜いても業務はまわってくんだよね。仕事はしないとダメだけど業務は誰かが遂行してる。俺達で言うと派遣さんやお店かな。だから常に全力で取り組むことはないんだよ。○○くんが取り組んでいることは仕事?業務?もっと気を抜こうぜ」
「ちなみに、来週××のパチンコ屋がイベントなんだ。気晴らしにどう?」
「仕事?直行にして、定時前に軽く戻れば大丈夫。パチンコ屋も距離あるからさ」
12月某日、会社の管理ボードを直行にする。行き先の店舗に入る派遣の子には差し入れだけすることにした。。。
パチンコ実践当日。
前日に差し入れを行い、明日は打ち合わせがあるので来れないが店舗には居ると伝えた。いざパチンコ実践。。。
正直楽しかった。パチンコはプラス収支で終わり、仕事はというと、店舗実績を見ると予算費140%!?大幅なプラス結果。感激のあまり、パチンコで勝ったお金でちょっと高めな差し入れ。。。
(歯車が狂い出す。。。)

続きのストーリーはこちら!

自業自得な人生。。4

著者のZo Shigeさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。