何故か40代以上に好かれる20代~取引先の副支店長からのセクハラ~

次話: 何故か40代以上に好かれる20代~本気で私を好きになってくれた職場の人〜

大学を卒業して地元の会社に入社。私にモテ期がやってきた。……そう、40代の方々から。しかもそれが結構厄介で。気がむくまま、1人ずつ書いていこうと思う。

今回は取引先の副支店長。
入社して2週間ほどで、多くの取引先の方と挨拶する機会に恵まれた。そこで会ったお世辞にもイケメンとは言えない、お酒が好きな、隙っ歯の既婚、子持ちのおじさま。最初は取引先の副支店長ということもあり、私も気に入って貰えるよう頑張っていた。
おかしいと思い始めたのは、半年経ったころ……。その人から個人的な連絡先を聞かれた。会社の人で取引先の方に連絡先を教えてる方がいるのは知っており、断っていいのかわからず、私は連絡先を教えた。それが悲劇の始まりだった。
頻繁にくる連絡。初めは軽いものだった。「今何してるの?」「今日は出張だったよ」「今日会ったねぇ」「雰囲気変わった?」今思えば、これにまともに返信をしてはいけなかった。内容がどんどんエスカレートしていった。「いま、ひとり?」「お風呂あがりかなあ?」「今度一緒に〇〇行きたいなあ」「自撮り送って」さすがにまともに返信するのは嫌になり、怖くなった。でも、相手が取引先の副支店長だと思うと、誰にも何も言えなかった。とりあえず、返信するのを控えるようになった。それでも一方的な連絡は絶えなかった。
そして来た連絡…「彼氏と別れろぉ。そしてオレと付き合え」怖くて鳥肌がたった。とうとう私はそのひとからの連絡を受け付けないようにした。また、上長には言えずとも、同期や仲のいい先輩に少しずつ話していった。
そして…とうとうその副支店長はこれが原因かは分からないが、遠くの支店へ飛ばされた。
これが私の謎のモテ期、1人目の話。

続きのストーリーはこちら!

何故か40代以上に好かれる20代~本気で私を好きになってくれた職場の人〜

著者のありあさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。