ゆとり世代のダメな私が、社内ニートを経験し、月利350万円以上も 稼いじゃった話です。パート1

次話: 会社辞めたら、成功が待っていると思ったのに…パート3

1話目 タイトル:
ゆとり世代のダメな私が、社内ニートを経験し、
月利350万円以上も 稼いじゃった話です。

はじめまして、 高橋と言います。

私のストーリーを拝見して頂き、ありがとうございます。

タイトルから なぜ、社内ニートが
「こんな大金を稼いだの?」 と疑問に感じられる前に言わせてください。

社内ニートだけに限らず、 人生レベルで詰んでしまって、
この先どうすれば良いか困っている方に向けて
情報をお伝えしたい気持ちがあります。 

もっと言えば、 親のせいで人生潰されて
台無しになったという被害者も いらっしゃるかと思い、
このストーリーを書いています。

私は親の仕事の関係で 適性のない学校へ行き
就職課の推薦で会社に入り 社内ニートになったダメ人間です。

私自身が、親の目を気にして 自分に嘘をつき、
やりたいことを 我慢しながら親の顔色を伺いつつ
毎日を過ごしてきました。

いろいろな問題を抱えながら 両親との確執があったりと
悩まされてきましたが、 現在は、法人化をし 3期目に入っています。

会社を辞めてから、3年目で 月利350万以上稼げるようになりました。 ただ、こうなることができたのも
私が決して、優秀だからではありません。

シンプルに答えますと、
『正しい情報を集めて  勉強して、学んだことを  
 実践で試したからです。』 
本当にこれだけです。

社内ニートの方も 親のせいで人生台無しになったという方も
正しく行動すれば、じわじわと人生逆転できて
おかしくないと言っても過言ではありません。

これまでの経験を活かして 恵まれたエリートには分からないであろう
視点から、少しでも問題解決へ導けるように
お伝えできるように力を入れていきます。

P.S 「社内ニート」になっているような人は  
  人生うまくいくわけないと  
       まだ思っている方がいると思います。
 今までの親との確執や人生について 後悔したこともありましたが
私は、環境を変えるだけで 稼げるようになりました。 
環境によって、 人生が決まると言っても 過言ではありませんので
その過程についても お話していきたいと思います。 
実際に、ストーリーを聞いていただくことで
今後の人生のあなたの支えになるかもしれませんので
引き続き読みたい方は、2話目をご覧ください。 
最後まで読んでいただきありがとうございました。

続きのストーリーはこちら!

会社辞めたら、成功が待っていると思ったのに…パート3

著者の高橋 元社内ニートさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。