社内ニート、ついに204万円の被害に遭う!パート5

前話: あやしい中国輸入の塾長とその講師陣から不安と失敗が続くの巻。パート4
次話: 満を持して、100万円のコンサルを受ける!が、拍子抜け(ひょうし ぬけ)になるの巻。パート6

5通目 タイトル:
社内ニート、ついに204万円の被害に遭う! 

こんにちは 高橋です。 
前回は
「中国輸入の塾長や講師陣を信用できなくなったこと」や
「10万円稼いでも、赤字になってしまったこと」の話を  
 色々とお伝えしてきました。 
気合を入れて挑戦しましたが 1年目は、
10万円を稼ぐが 生活費で赤字になってしまう。
という残念な結果で終えてしまいました。 
会社を辞めて
2年目に差し掛かる時に
204万円の被害に遭ってしまいます。 
簡単に説明しますと
事業用のサイトを作成して
毎月お金が入ってくるような仕組みを構築して
儲けていくようなものです。 
一言で言いますと、
「仕入れ代行会社」を立ち上げたかったのです。 
毎月1万円の月額費を頂いて 稼ぐという甘っちょろい考えです。 
超初心者だった話は
ネットビジネスを甘く見ていたので
どうせ、資金もあるし、 失敗しても、実家に帰れば良い。 
もしくは、本当に中国輸入で
毎月に、200万以上稼げれば ペイできるし。 
余裕だぜと思い上がっていました。
204万円なんて 経費として見放されて
今の稼ぎだったら、 税金を払わずに済むし。 
やるだけやってみるか!という気分でした。 
が、しかし 実際にサイト構築をしてもらうと
低レベルな出来栄えで、 「なんじゃこれ!?」と思うような作品でした。
これで、お客さんがサイトに来て
快く使っていただけるとは 思いませんでした。 
すぐさま、 キャンセル手続きをしましたが
ガチガチの契約手続きをさせられたので もう手遅れとのこと。。 
ダメ元で 知り合いの知り合いの弁護士に相談しても
時間がかかるだけで、あまり取り戻せないとのこと。。 
貴重な時間ももったいないので、諦めることにしました。 
私自身、 お金を取られて悔しいというより
こんなクソみたいな出来栄えで
用意されたことの怒りが上回っていました。 
正直、忘れたい記憶の1つでしたが
ここで読者の方に、話すことができたので
プライスレスになれたかなと思うと 少し、笑っちゃいますね。 
もともと、この被害に遭わずとも 毎月10万を稼いでも、
生活費や光熱費の支払いで赤字になるので
2年目から実家に戻りたい一心でした。 
2年目は、 新居も引き払って 実家に居ながら、
たまに親の仕事を手伝いながら 中国輸入で引き続き、
10万円を稼ぐような生活です。 
ここでの被害で学んだことは、
人を迂闊(うかつ)に信用しないことです。 
ですが、また被害に遭います!
どんなに、被害に遭うんだ!?
と思われている方もいらっしゃる方と思います。 
気にせずに、どうぞ笑ってください。笑 
<次回予告> 
204万円の被害を受けて
知り合いどころか友達にすら
恥ずかしくて、未だに話せていません。 
ですが、そんなことで 悩んでもしょうがないので、
2年目からは実家で、 さあどうするか?と悩んでいた私。 
今まで生きてきた知恵と経験で
考え抜いた「答えと行動」とは!? 
*ヒント* 
100万円の〇〇〇〇を受ける!です。 
P.S.1
ヒントの継いでに、 100万円って聞くと
何をイメージしたり 何に使いたいですか? 
私は、ドラム式洗濯機や冷蔵庫、 macbook、iMac、iphone8、
空気清浄機、オイルヒーターなど 購入しました。 
生活も都市部に住み、 マンションに引っ越しして
快適に過ごせるようになり 2年目になりました。 
100万円もあると ある程度、一式揃いますが
使い方を間違えると、 苦しい状況にも遭います。 
私は、100万円の〇〇〇〇を 受けることでまた、
精神的に 窮地に追い込まれるようになりました。 
察しが良い方は ヒントの「答え」を 理解したかもしれませんね。 
明日のメールを楽しみに待ってください。 
P.S.2
昨日の私の350万円を上げた写真を ご覧いただけたでしょうか? 
社内ニートでも 稼げるという1つの軌跡軌跡に なったかと思います。 
引き続き、 私のようなダメな 社内ニートでも稼げるようになった
軌跡をこれからもお伝えしていきます。 
最後まで読んでいただきありがとうございました。

続きのストーリーはこちら!

満を持して、100万円のコンサルを受ける!が、拍子抜け(ひょうし ぬけ)になるの巻。パート6

著者の高橋 元社内ニートさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。