統合失調症の僕がIQを18上げて人と同じ目線に立てた話

前話: 普通の高校生だった僕が統合失調症になり立ち直るために服薬と科学の知見が必要だった話

2020年時点で27歳の僕のIQは106あります。

3年前は88しかありませんでした。 ( WAISⅢを使用しました)
18ポイント高めるために使ったツールは
マインドフルネス瞑想 英語の学習 健康的な食事にすること 散歩 日記をつけること、記録をつけることがあります。 
これらを行うときに共通しているのは続けられる範囲で、言い換えると言い訳できないレベルまで簡単にすることです。
マインドフルネス瞑想の場合は一呼吸だけに意識を向けること。英語の学習は英単語を一つだけ見ること。健康的な食事は自分の好きな食べ物かつ体にいいものを取り入れるところから。散歩は玄関から5分だけ歩くこと。日記は一言だけ。記録は薬を飲んだか飲まなかったかをまるバツでつけること。
そんな簡単な一歩一歩が長い目で見れば大きな成長に繋がります。ただ簡単で飽きて来たら少しずつ負荷を増やしていくといいと思います。
細かなことを書くときりがありません。もし行動をしていて不安になった時はパレオな男というブログを訪れるといいと思います。
またメンタリストDaiGoの心理分析してみたも役に立つ情報を発信しています。
IQを高めるためにはテクニックに頼らず一歩一歩をきちんと自分の足で踏み固めながら歩いていくことが大切だと思います
現在、精神科病棟から退院してから三年がたちこの三年間はひたすら行動をしていました。思考が頭から離れなくなったら日の下で散歩をする。今の感情を日記に書いてみる。
もし何かテクニックを期待していた方がおられましたらお詫びを言わないといけません。ただこれらがIQを高めることになった行動です。
「仕事しなくていい。明日食べれるお米があればいい」この言葉は入院中にお世話になった看護師さんにかけてもらった言葉です。賛否はあると思いますが僕は大切に胸にしまっています。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

著者のtama nakamuraさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。