プロフィール第三回

前話: プロフィール第二回
次話: プロフィール第四回
それから私はうだつのあがらない毎日をやり過ごし、中学校を卒業しました。そしてなんとか公立の高校に入学することが出来ました。
通っていた中学校は1学年で90人程度の小規模な学校でしたが、入学した高校の生徒数は1学年で280人。あまりの人の多さに圧倒されてしまいました。知らない人ばかりだし...
とはいえ、この学校で3年間やって行かねばなりません。なんとか誰かと仲良くせねば...
なんとかしてクラスに馴染もうと、たどたどしい覚えたてのコミュニケーションで、席が近かった女の子に声をかけてみることにします。
その子は制服を程よく着くずし、ミニスカート、メイクもバッチリ。イケてる感じの子でした。
一方わたしは、制服を既定の通り着て、もっさりヘアー。メイクすら無縁の土手かぼちゃ。
とにもかくにも、なんとか誰かと仲良くせねば...と焦っていたので、意を決してイケてる彼女に「よければメールアドレス教えて」と声をかけました。
彼女は露骨に嫌な顔をした気がします。「げっ、こいつと私がメールアドレス交換すんの」というような。
ところが彼女はやさしく「う…うん、またあとでね…」と言うではありませんか。いま思えばその話をさらっと流したかったのでしょう。
しかしコミュ障だった私は、その彼女の本心を理解しておらず、言われたとおり、その日の帰る前に再び声をかけます。「メールアドレス!」
彼女は「ああ…もう逃げ切れない…」という顔で、けだるそうにしながらメルアドを教えてくれました。
その後、一度だけ宿題の範囲を尋ねるメールが彼女から送られてきて、秒速で返信した記憶があります。
なんだかメル友として認められている、頼りにされている、という気持ちで嬉しくなってきました。
そんなある日のこと、授業中、私のことをいじっている男子の声がヒソヒソ聞こえてきたのです。そのとき彼女が一緒になって笑っていました...私のハートは打ち砕かれました...

続きのストーリーはこちら!

プロフィール第四回

著者の星野カンナさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。