祖母との何気ない会話-めぐちゃんの花嫁姿が見れないかもしれないわねと言われた話

1 / 2 ページ

それはゴールデンウィークの真っ只中に

母から夜中の2時過ぎに来たメールで、

「ばーば危篤状態だから早く帰って来て。意識なし」

私はその時、ゴールデンウィークで軽井沢に来ていました。

その早朝に、千葉に帰ろうと準備をしていた時、

母からの電話が鳴りました。

その時点で、私には何を言われるか予想できていました。

電話の向こうで母の泣いている声が聞こえました。

「ばーば亡くなったよ。」

入院する前日-6日前

少し久しぶりに実家に帰って来た時、少し具合が良くないと言って、祖母はベッドで横になっていました。

母は相変わらず家事をしたりといつも通りせかせか動いていて、私も庭仕事を手伝っていました。

祖母は庭がどうなっているか気になったのか、ベッドから出て庭の軒下に座って眺めていました。

私が植物に水をやっていると、

「底から溢れるくらい入れなきゃだめじゃない。」

と祖母から指摘が。w

一日の中で、祖母とは何気ない会話をしましたが、

「ばーば、めぐちゃんの花嫁姿みれないかもしれないわね…」

私は、

「なーんでそういうこと言うの!」

といって、変な事言わないでよと、笑っていました。

その時は、それくらいしっかり意識もあるし、次の日に病院に入院するなど想像もしていませんでした。

しかしその日は、いつもより具合が悪かったのか、ゼリー等の食べやすいものでさえあまり食べられない状態でした。

そして心配しつつも、次の日が仕事だったので、母に祖母の状態はいつも連絡してと伝え、東京に帰りました。

翌日、祖母は肝臓と腎臓が悪いということで、人生初の入院をする事になりました。

もう一人の母

祖母は、相談事や日々の出来事をよく聞いてくれましたし、時には、頑張りなさいと喝を入れてくれました。そして、病気を患って苦しいときでも、いつも自分の事以上に他人にお世話を焼いてくれる、そんな人でした。

料理や手芸が上手く、とても手先が器用だった祖母は、編み物やパッチワーク等を楽しんでいて、いつも新しいものを新聞や雑誌で見つけては、いろいろな物を作って皆を楽しませていました。

そして、一番好きだったのがお花。

祖父も同じく菊の栽培にはまっていた時期があり、2人で庭いじりをしているのが懐かしい光景です。バラや百合など、たくさんの花を可愛がっていました。

近頃では、フラダンスにはまっていて、手芸の腕を活かし、自分の衣装を何着も作っていました。

また、芸能情報にも詳しくミーハーで、韓国ドラマにはまっていたり、本当にいつも明るくて、新しい事にワクワクしている、天真爛漫な祖母でした。

また、祖父が病気を患ってからは、年を取ってわがままになった祖父と口喧嘩をしながらも、いつも祖父の事を想いやって一生懸命看病をし、めげずに前向きに自分の夫を最後まで愛していた、愛情深い人でもありました。

こんな祖母と私は、たぶん通常の人が持っている祖父母との関係とは、異なる関係を持っていました。

私が幼いときから母が仕事で何日も家を空ける事が多く、私は母よりも祖父母と多くの時間を過ごしていたのです。

こんなこともあって、祖母は私にとってもう一人の母親のような存在、というか本当にもう一人の母親でありました。

こんなにババくさい食べ物が好きで、健康食品に敏感で、これまで健康にすくすく育ったのは、本当に祖母のおかげだと思っています。

一人暮らしを始めてからも、家に帰ってくると何かと作ってくれて、持って帰るようにとタッパにいろいろ詰めてくれていましたのが、とても懐かしいです。

5月4日

実家に帰った時、祖母は病院から家に帰って来ていました。

白い着物を来て横になっている祖母。

病気のせいで顔が少し膨れていたので、いつもと少し違うように見えましたが、私にはただ眠っているようにしか見えず、全くその状況を信じる事は出来ませんでした。

母と叔母は、お葬式の準備や何やらで忙しそうにしていましたが、妹が私に駆け寄って来て、思わず2人で抱き合って、

みんなの読んで良かった!