ベルトコンベアの前で。

次話: ただの石の塊

仕事がなかった。

新卒2年目で、飛び出すように会社を辞めた私に、コツコツ面接を受けている余裕など無く、その日のお金を稼ぐためにすぐに働かなければならなかったのだ。

小さな頭で考えたのは、日払いの仕事につくこと。

無料の求人誌を片手に、電話し、登録会場に向かい・・・その後派遣されたのは、片道2時間はかかる遠く見知らぬ土地にある、工場だ。

私はそこで、ベルトコンベアの前に立たされる。

目の前には、A5サイズのチラシが、サイズぴったりの四角い枠に収まっている。私はこれから、この小さなチラシを補充する日々を送るのか・・・。

背に腹はかえられない。私は稼がなければならないのだ。

続きのストーリーはこちら!

ただの石の塊

著者のMajo Haurinさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。