ただの石の塊

前話: ベルトコンベアの前で。
次話: 3ヶ月しか続かない。

埼玉寄りとはいえ、そこは一応都内だった。

一人暮らしをはじめたばかりで、職を失った私は、家賃を稼ぐことに必死で、電気やガスが止まるなんてことはしょっちゅうあった。

寒い日も、水で髪の毛を洗った。

蝋燭を灯して夜を過ごした。

20歳を超えて、はじめてもったクレジットカードで作ってしまった借金の返済も滞りはじめ、督促に怯える日々。

それでも生きていこうと思った。

親には不安をかけないように振る舞った。

こんなことで終わるわけにはいかなかったのだ。

たとえどんな惨めな思いをしても、私の心を支えていたのは、なんの確証もない、ただの信念だ。その頃は信念などと呼べるようなものではなく、荒々しい、ただの石の塊のようなものだったけれど。

そういう日々の中、一本の電話が私を救う。

続きのストーリーはこちら!

3ヶ月しか続かない。

著者のMajo Haurinさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。