世界最高のリベンジNo10,パパのパスワードは1248だよ!ある日娘が言った。

次話: 世界最高のリベンジNo12パパのパスワードは1248だよ!ある日娘が言った。

消去されたライン、開けないカカオトーク、友達アプリGPS・・・。

まだまだ足りない。

もっと大きな徹底的な証拠がなければ、ラゴンは浮気を絶対に認めない!

今まで嘘で固めた浮気人生男は、これくらいでは認めない。

私には分かっていた。

間違いなく浮気の形跡がそこにあるのに、

後一歩の所でふりだしに戻ってしまった・・・。

その夜、私は犯人を後一歩の所で逃がしてしまったような(刑事か!)、

とても悔しい、やりきれない思いで一杯になった。

まだ、リベンジを始めるきっかけは何もない。

リングにも立てない状態だった。


・・・・終わった。

何度、携帯を見る事が出来たとしても

カカオトークのパスワードが分からない限り、

何の情報も得られない。

普段、戦い慣れてない私が丸腰で戦ったら、完璧に秒殺される。

何の糸口も見つけられないまま、時間だけが過ぎて行った。

そして、6日経過したある日。

ラゴンが突然私に言った。

「お前、俺の携帯みたやろー!」

何日も経っていたのと、凄い剣幕に一瞬戸惑ったけど、

「は? 何の事? 何時の話? そんな事してないし!!」 

と、顔が多少引きつっていたかもしれないけど頑張って答えた。

「先週の土曜日や! 

俺が立ち上げても無い画面が立ち上がっとったんやから、

お前しかおらんやろー!!」

画面が立ち上がってる・・・???   

ん? いったい・・どういう意味?

ワケわからん

(メカに弱い私はこの時その意味が分かっていなかった。)



でも、その態度と言葉から ラゴンは確実に私が携帯を見た事に気づいてる。

ここは受けて立つしかない!

中途半端な事を言うと、逆切れされ益々警戒される。

よし、絶対に薄情させてやる。(まだ証拠不十分だけど)

頭の中で 遂に戦いのゴングが鳴った。

       カーン!

続きのストーリーはこちら!

世界最高のリベンジNo12パパのパスワードは1248だよ!ある日娘が言った。

著者の花蓮 上野さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。