世界最高のリベンジNo12パパのパスワードは1248だよ!ある日娘が言った。

前話: 世界最高のリベンジNo10,パパのパスワードは1248だよ!ある日娘が言った。

この日から、ラゴンはかなりヤバイと思ったのか、行動を大分抑え始めた。

黒からグレイに、グレイからどんどんフェードアウトしていく感じがした。

こんな風に人の言う事を直ぐに信じてしまう性格だから、

いつも騙されるんだろうね。

モヤモヤした気持ちを引き釣りながらも、捨てきれない疑いも残っていた。

あえて 「貴方が言ったように、勘違いしてただけだったんだ!」 

思っている演技をした。

もしラゴンが黒なら、再び自由に泳がす為に!

そして、ある日。

ほんの些細な事で、白かもと思ったラゴンの真実がフェードインに向かい始めるのです。

暫く何もなく、ハテナマークも消えかけたころ、

帰宅したラゴンが、湯飲みを私に渡してこう言った。

「これ、友達に貰ったから、俺がビール飲む時に使うから壊すなよ !」

それは、手作りの備前焼の湯飲みだった。

それを見て、再び忘れかけてたラゴンの不倫疑惑がメラメラと蘇った。

備前焼には何のヒントも無かったけど、これぞ女の勘!キラリッ★

ラゴンの話し言葉、微妙なニュアンス。

間違い無くオカシイ。

は~~ん! 良くこんな物を家に持ち込んできたね!

私が少し気を緩めてるのをいい事に、騙しきれたと思ったのか、

ラゴンは再び泳ぎ始めたのです。

私  「これでビールを飲むって・・・? フッ・・これ、どう見ても湯飲みじゃん!」

ラ  「ほっといてくれ! 俺の湯飲みで何を飲もうが俺の勝手じゃ!」

その反応とキレ加減が極めて異様だった。

思わず  「キモッ」  と呟いた。


ラゴンの反論で、いよいよ私の探偵の本能(そんなのあったのか?)が、

本気モードに突入した。


その日から、何度か、パスワードを解除すべく夜中にアイホンも見た。

全て無駄だったけど。

そんなある日。

忘れもしない、私が仕事から帰宅中、ラゴンからの電話がなった。

停車して出ると、いきなり

「お前、昨日の夜、また俺の携帯さわったな!

こそこそしやがって、ええ加減にせーよ。」  
と、怒鳴り始めた。

その言い方に、メチャクチャ腹が立ったので

私  「はっ!貴方そんな偉そうな事が言えるの?

     もう全部知ってるんだから。相手の旦那さんにも言うからね!」


その瞬間、頭の中でゴングが鳴った。

THE GAME IS BEGIN !  ゲームは始まった。


著者の花蓮 上野さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。