財テク

あえて昭和な言葉で書いてしまいました。(^^;

もう「財テク」という言葉は死語ですね。
今どきは資産運用と言うんでしょうね~。

私はけっこう貧乏なのですが、高校生ぐらいの頃から、今で言う「分散投資」をしていました。
・ いくつかの銀行口座をもって、用途別に分ける
・ 毎月、一定額を引き落としにして、そのお金をなかなかおろせない口座に振り替える
・ 純金積立(のちにプラチナ積立も)
・ 生命保険(貯蓄型と入院も)

もう30年経っていますが、考えてみると、この方法は変わっていないですね。というのは、貯蓄方法として勧められる手段ということです。

引き落としって意外と貯まるんですよね。 (^^)
窓口に行って手続きをしないと現金を手にできないので、現金を手に入れるまでの手間や時間がありそうでない。
本当にお金に困った時、平日に時間がある時にやっと連絡したり、銀行に行ったりですよね。
ATMでいつでも引き出せる口座では、残念ながら、お金は貯まらないと思います。
そしてリピートしてしまいますが、引き落とししておくと、いざという時に頼りになるんです。
私もつい先日、久しぶりに純金をキャッシュにしようと思い立ちました。
そして金の相場を見たら、今もなかなかいい価格ですね。
私は株には手を出していませんが、純金もそれなりの値幅があります。
いいタイミングでキャッシュに変えられたなと思いました。

著者の奥山 景子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。