【My Story】第二話 中学生〜高校生時代「変化・変容とブレイクスルー」

1 / 2 ページ

今回は、中学生〜高校時代の過去、ストーリーについてシェアしていきたいと思います。



前回までのストーリーはこちら




振り返るとこの頃の体験は、僕自身のコア・核となっているものです。




本来の自分、ダイヤモンド



自らの使命(ミッション)、ビジョン




大人になって、29歳からこれらの本質に向き合っていくことになったのですが、

自分のコア・核の部分は、13〜18歳までの6年間に凝縮されていた。


と後になって分かりました。



僕の12歳までの記憶は、ざっくりといえば、挫折とトラウマであり、


中学生〜高校生の6年間は、自己変容の期間でした。

どのような変化・変容があったのかシェアしていきたいと思います。



【中学時代】とにかく全力で生きる3年間

小学生までは周囲と馴染めず、とにかく学校に行きたくなかった僕でしたが、中学進学を期に、引っ越し・転校をします。

それまでは、集合住宅に住んでいましたが、中学進学を期に家族4人(父・母・僕・弟)で中古戸建に引っ越しをしました。

当時築30年近くの中古戸建へ引っ越しをし、新しい生活が始まりました。



強くなろうとした

中学時代を一言で表すと、

がむしゃらに、全力で生きようとした。

強くなろうとした。

ということに尽きます。


小学生の時は、学校に行きたくないほど、人間関係がつらかったので、
自分を守るために、強くなろうとしました。


サッカーや野球など球技は苦手でしたが、
憧れを持ったバスケットボール部に入ろうと思っていたところ、
自分たちの学年から新入部員を募集しておらず、

消去法的に、なぜかサッカー部を選択しました。


今考えると、やはり弱い自分を克服したい。という願望からの選択だったのかな。と思います。


小学生時代に、Jリーグへの憧れから地域のサッカーチームに所属したのですが、
練習のキツさから、2ヶ月も経たず、挫折をしていたのです。


中学のサッカー部も、自分にとってはかなりしんどかったのですが、
なんとか気合と忍耐で3年間やり切ることができました。


レギュラーになれたのは、2年生の一瞬だけで、後から後輩に追い越され、
最後の引退時期には、控えのBチームで試合をするのみになっていましたが、
不思議と悲しさはなく、


むしろ、


どんなことがあっても最後までやり切る力と自信を得ることができていました。


今振り返ると不思議なことですが、
サッカーへの興味はなく、ただただ強くなりたい。の一心で続けていた。という時期でした。


補足ですが、今でも興味があるのは、日本代表の試合や、世界を舞台に活躍する選手(本田圭佑選手、長谷部誠選手)です。


急にモテ始める

小学生の時は、全くと言っていいほど女性関係に疎かった僕でしたが、
中学生になってから、急にモテ始めるようになります。

まだこの時期は男性に対しての不信は強く、同じ部内のチームメイトに対してもどこか恐れを感じているところがありました。

その反面、女性は優しい、大丈夫だ。という信念を持っていたので、自然とコミュニュケーションがうまくできたのかもしれません。

同じ時期に複数の女性からアプローチされたり、
卒業式には、名前も知らない後輩から告白される。ということもありました。

この頃、恋愛というものがよく分かってなかったことや、周囲の目(特に同じ部活の仲間)が異常に気になり、
せっかく付き合いを始めたのに、すぐ別れてしまう。ということもありました。


今となっては、ただ懐かしい話ですが、
この頃の経験は、大人になった今でも、自信となっています。



【高校時代】夢の3年間 「自己表現とエネルギー」

高校は県内で標準的な偏差値の公立高校に入りました。

僕としては、高校受験のために、頑張って内申点を上げ(学力ではないことがミソ)
それなりに受験勉強に真剣に取り組んでいたので、合格できたときは、「ホッとした」くらいの感触でした。

高校を選んだ基準は、そこそこの偏差値であったこと、中学時代に続けていたサッカーを高校でも続けようと思っていたからです。

サッカーを本気でやるのならば、もう一ランクレベルの高い学校に挑戦すればよかったのだと思いますが、
その高校のサッカー部は、市内・県内からエース級の人ばかり集まるサッカー部だったので、
ついていけないだろう。と思い、受験のランクを一つ下げたのでした。

真面目にも、春休みから一緒に合格した中学時代のサッカー部の仲間と合格した高校の練習に参加し、
準備していたのですが、ここでも事件が起こります。

接触事故

普段は、怪我につながるようなぶつかり方はしないのですが、
なぜかその時は、練習中に先輩と激しくぶつかり、相手方が一時的な脳震盪を起こす自体となりました。

著者の市田 直也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。