【My Story】第十四話 スピリチュアルとの再会「見えない世界との再会」

前話: 【My Story】第十三話 再起をかけた復活劇 「本来のじぶんを取り戻す」
次話: 【My Story】第十五話 宇宙とのつながり「現実と精神性の統合」

前回は、経済合理性を追求した結果、

心身ともに疲弊し、転換点を迎えたところまでをシェアしました。



今回は、まるで運命のように見えない世界、スピリチュアルへの導きがあったこと、

人生の流れについてお話していきます。


これまでのストーリーはこちら



2018年、2月のこと、

僕は原因不明の体調不良に見舞われ、

3週間ほど、寝込む日々が続いた。




今思えば、本来の道へと向かうためのお知らせ、

サインだったのだと思う。


当時、八木隆平(リュウ博士)の「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」





にハマっていたり、



ベストセラーとなった、小池浩さんの「借金2000万円を抱えた僕にどSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」





なども、よく読んでいた。



この本の主人公、コイケさんは、まるで自分のことなんじゃないか。

と思うほど、状況を重ねて読んでいた。




この頃から、僕は日々の神社参拝を始めるようになる。


当時住んでいた最寄りの神社 住吉神社



何度参拝したか、わからない。



それくらい毎日のように、朝・昼・晩と


時間を見つけては、通っていた。





そんな折、八木隆平(リュウ博士)の「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」



で紹介されていた、箱根神社に行く流れとなった。



確かに、そこにある。という感覚

この時の感覚は忘れられない。

箱根神社への第一の鳥居をくぐり、
参道を歩いていた時の静寂さ、厳かな雰囲気、

徐々に聖域へと近づいていくことを肌で感じた。






そして、階段を上り、空を見上げた時、

確かにそこに、なにかを感じた。




それが、神さまなのか、龍神さまなのか



それは分からないけれど、


確かに守られている。



そういう感覚を覚えたのは確かだった。




その後も、折に触れて箱根神社には

定期的に参拝している。




僕のご縁の深い方々は、

かなりの確率で、参拝しているか、


もしくは出会った後に、参拝される方が多い。




この一件を通して、

僕は見えない世界への扉を、再び開けることとなる。




つづく。




Written by Naoya Ichida




続きのストーリーはこちら!

【My Story】第十五話 宇宙とのつながり「現実と精神性の統合」

著者の市田 直也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。