「生理が来ない。」と思っていたら難病でした 生活編 その2

前話: 「生理が来ない。」と思っていたら難病でした 生活編
次話: 「生理が来ない。」と思っていたら難病でした もうだめかも編

会社を休んだ日は、ほぼ1日ベッドに横たわっていた。誰も訪ねて来ない部屋で、ただ、だるくないカラダが戻ってくるのを待った。


ベッドの中で考えることは、
「働けなくなったら、どうしよう。」
「わたし結婚は出来ない運命なのだな。」
「そういえば、今晩の食材はどうやって買ってこよう。」
「家の外に出て、体調が悪くなって、帰って来れなくてなったらどうしよう。」

1人でいると、どんどん悪いことが浮かぶ。

それは、お金だったり結婚だったり先のことから、買い物や外出と言ったすぐそばの生活のことまでさまざまだった。

このままだと、、、
死ぬしかない、、。

このだるいカラダのまま、毎日仕事をしてひとり都会で消えていくなら、早めに死んでしまう方が誰にも迷惑が掛からないと、本気で思っていた。

続きのストーリーはこちら!

「生理が来ない。」と思っていたら難病でした もうだめかも編

著者の綾子 加藤さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。