東京-京都をママチャリで完走した話②

前編: 東京-京都をママチャリで完走した話①
後編: 東京-京都をママチャリで完走した話③
前回までの振り返り
何となく思いつきで友人2人と京都から東京を目指し、ママチャリで旅に出る。1日目は京都駅を出発し、滋賀を越え、三重まで進んだ。そこでトラブルが発生するが、スーパーのおばちゃんという女神に助けられ、無事?1日目を終えることが出来た。
(詳しくは①参照)

2日目

スーパーのおばちゃんの家で朝を迎えた僕らには、温かくおいしい朝食が用意されていました。
おにぎりとみそ汁がこんなにおいしいものなんだと、その時すごく思いましたね。
こういった状況になってみると、いつも当たり前だと思っている普通の食事が非常に有り難いものなんだと再認識できますね。
言葉で言っても伝わりにくいかと思いますが、このときの感覚は非常に強いものです。モノで溢れかえっている現代社会においては、たぶん非日常生の中にしか見いだせない、でも人間としてすごく大切な感覚なんじゃないかなと思います。

というわけで、朝食後おばちゃんは、またしても僕らを車に乗せて自転車屋さんまで送っていってくれました。
何から何までお世話になって、感謝の気持ちでいっぱいです。
でも、、、
お互い名乗ることはありませんでした。。
おばちゃんは僕らの名前も知らないし、僕らもおばちゃんの名前を知りません。
名前くらい聞いておけばよかったのかな。。。
ちょっと失礼だったかな。。。
とかも思いますが、、、
なんだかちょっと素敵な気もします。

では、いよいよ2日目のチャリ走スタートです!!
2日目は天気もよく好調な滑り出しでした。
名古屋方面に向けて海沿いの国道23号を走ります。
やはり海沿いということもあって、風かなりは強かったんですが、、、
海を見るとなんだかテンション上がりませんか?笑
僕は海が大好きなので早く海沿いを走りたくてウズウズしていたわけです。笑

なんやかんやで思ったよりかなり早く名古屋に着きましたね。
四日市を10:00くらいに出て名古屋に着いたのは12:00くらいです!
距離的にはだいたい35kmくらいなので、、時速換算したら17km/hくらいですか!!
え、これママチャリにしたらめっちゃ早くないですか!?(O o)

早い早いと浮かれつつも、僕らは昼食に牛丼を食べエネルギーを蓄えました。
そして、午後の始まり。
もう目標とかは考えずに、とりあえず行けるところまでがんばろうぜ、ということになりました。
愛知県内を滑走し、いよいよ静岡(←鬼畜)との境の豊橋市へ!

浮かれた写真を撮りつつも、疲労はどんどんたまっていきます。
疲労がたまると、、どんなことが起きるでしょう?
とりあえず、誰も何もしゃべらなくなります。
で、誰かがふといらんことを言うわけです。笑
そして、カオスに...
ようやく愛知を抜け静岡県内に入ったのは21:00ごろで、そのころの僕らは空腹と疲労でまさにそんな状態でした。

友人
疲れた、、腹減った、、
友人
もうちょいしたらなんかあるよ!がんばろうぜ!
数分後、、
友人
何もねーじゃねえか!!どうせもう何もねえよ!いつつくんだよ!!(怒)
友人
うるせえ!否定的なことばっかり言ってんじゃねえよ!!(怒)
とまあ、僕らも例外無くカオスになたわけです、、

しかし、お互いに状況を察しなんとか持ち直しました。
それから、今日の宿はどうしようということになり、ちょうどHRK氏の実家が浜松にあり、許可が下りたということで、とりあえず浜松に目標設定!!
静岡入りした時点であと20kmほどということだったので俄然気力が湧いてきました!^^
なんとか踏ん張り、夕食ということで静岡に展開されているハンバーグチェーンの「さわやか」というお店に!
お店一押しのメニューである「げんこつハンバーグ」を注文しました!

肉汁たっぷりでおいしいですね!^^

こういったご当地グルメ?的なものを食べたりできるのもこの旅の魅力ですね!!

おなかも満足し、無事HRK氏の実家にたどり着いた僕らは、先日入れなかったお風呂に入って汗を流し、実家という天国のような環境で2日目を終えることができたのでした。

2日目
四日市(三重)〜浜松(静岡)約130km

→3日目以降は次回
 〜静岡の恐怖〜

続きのストーリーはこちら!

東京-京都をママチャリで完走した話③

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。