一人旅

1 / 2 ページ

僕は短い一人旅に出た
なぜなら体がそうしたいと言ったから
理由はそれだけで十分だと思った

静かに消えてしまう代わりに
誰かの世界にほんの少しでも色を塗りたい
僕にしか言えない言葉を紡ぎたい
そんな風に思った

放った言葉は誰かと被るかもしれない
相手にとってはちょうど道端に落ちた煙草の吸い殻のように どうでもいいものかもしれない
僕が魂を吹き込み絞り出した言葉なんてそんなものだろう
でもそれでもいいと思った
そんな事は最初からわかっているから
僕は世界に何も求めてはいない
きっと始終全てが自分のためだから

自分に自信がもてないからか
気づけば無意識に誰かの真似をしてる
あるいは他人の求める姿に 自分をへんげさせていく
その呪縛から今だけは離れたい
今だけは僕は僕でいたい
子供の癖に生意気だなと思いながらも
そんな事を考えた

冬の乾いた風に体を委ね 
青く済んだ晴れ渡る空を見上げては 
どこか悲しそうに目を細める
そんなませた自分が大嫌いだ

理不尽な誰かがずっと僕をみている
君は苦しんでいる方がお似合いだよと
耳元で囁き僕から目を離しちゃくれない
そいつの監視下を離れられるような
そんな淡い期待を抱いていた

僕の伝えたいことって一体なんだろう
考えても考えても答えなんて出てこなかった
その時の気持ちを如実に語ればいい
それも間違いじゃないと思った

込めた思いが100だとすれば
受け取る思いは10かもしれない
ああおこがましいもう辞めてしまえと
考えるのを辞めたときもあった
あるいはその方が正しいのかもしれない

胸の奥がくすぐったい
胸の奥で何かがぐつぐつ煮えてる
一方そんな感覚も募っていった
それは思えば当たり前のことだ
なぜなら僕らは日々何かを考えながら生きているから
感じること、考えることは辞められないのだと思う

その度その度気持ちを紡ぐ
それだけではどこかまとまりがないような
そんな物足りなさが残ってしまう

だからいつかは何かを届けたい 
大人になったら憧れたあの人のように
彫琢された言葉の剣を
誰かにきっとかざしてみたい

今、僕は何のために生きてるんだろう
ぐるっと回ってまたこの問いに戻ってきた
死んだら悲しむ誰かがいるから
死ぬのに失敗したら想像を絶する苦しみが待っているから

僕にはこれだけで死なないのに十分な理由となった
僕は恵まれていた 
今は前よりもっと恵まれているだろう

内実は変わっていないと言えども
確実に底上げはされている
それでもやっぱり生きることから逃げたくなる
辛い気持ちは強く残ってる

死にたい人にただ死ぬのはやめなと言うのは全く響かないし無責任だ
辛いけど頑張ろうと言うのも何か違う気がする
幸せが待ってるなんて 言われたってぱっとしないことは言わない
でも少なくとも僕は今は前よりも幸せだ
生きていてよかったと思える瞬間は少なくない回数ある

幸せの敷居を低くしたのもあるが
それよりも自分がほんとうに欲しかったお金では買えないものが手に入ったから

幾度となく「自分」という壁に突きつけられるとき
僕は今でも耐え難い苦痛に襲われる
それは今でも「自分」を受け入れられてはいないから
そのピースだけはどうしてもはまってくれない

人には最も嫌われやすい気質で
自分がいくつもに分裂していて 
知らないやつがたまに顔を出して
辛い時にでもいつでも笑えて

人を遠ざけるようになってもう随分経つ
でもそれでもいいと思うんだ
だけど一番傷つくことは
信じてたものが崩れて壊れること 

僕が一番欲するものとは
変わることのない優しさと終わることのない人との繋がり
誇れる自分はその次あたりだと思う

きっとそのままを受け入れられることが
唯一の救いになるんだろう
愛を注がれた子供が徐々に徐々に親元を離れていくように
自らの安全地帯なくして危険な場所へと飛び込む勇気など育たないと僕は思う

自らを囲ったその硬い殻は
中の自分が弱いことの現れだ
走っても走っても追いつくことはない
無理に虚勢を張るのは自らに毒だ

自分をほんの少しでも愛せたとき 
そのとき初めて自分を生きていると思えるんだと
誰かが言ってた言葉に何となく共感する 

弱いままで歩けばいいような気がする  

著者のらす かさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。